生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「断捨離」のやり方

「断捨離」のやり方

2011年01月31日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

「断捨離」とは、単なる掃除や収納とは違い、簡単に言うと「いま手元、周囲にあるモノは、本当に今の自分に必要なのか?」と自問し、答えを見つけることです。

なかなか物を片付けられず、部屋がいつまでも雑然としたままという人は多いと思います。片づけられないというのは、モノに心を惑わされているということです。

主体はモノではなく、自分自身にあるのです。物を「片づける」ということは、モノの「かたをつけて」あげることです。そんな断捨離のコツをご紹介します。

ポイント1:モノは使ってこそ生かされる

「もったいない」「捨ててはいけないと教えられた」「いつか使うから」「高かったから」「人からもらった物だから」「思い出の品だから」・・・。

捨てられない原因は、一見するとこのようにモノに対する愛着にあるように思われますが、モノは使ってこそ魂が宿ります。

使うこともなくただムダにそこに有るだけのモノは、潔く切り離すことも、ある意味モノへの愛情です。

ただ捨てるだけでなく、リサイクルショップに出したり、フリーマーケットに出品して、欲しい人に使ってもらうことが、本当の有効利用になります。

ポイント2:あると便利かなと思うものは、実際はなくても困らない

店頭の広告やTVショッピング・CMなどで謳われている商品を見ると、いかにも便利そうでついつい欲しくなりますが、そうやっていざ購入してみて、愛用できているものがどれくらい家にありますか?

実際はそれまで使っていたもので十分だった、あるいはなくてもそんなに困らなかったはずです。

新しい物をムダに増やすよりも、今あるものを工夫してみて、より便利に使いましょう。

ポイント3:一番の基準は「今の自分自身」

将来使うかもしれない・・・と思って取っておいたものは、きっと出番はありません。1年間押入れやたんすの中に眠っていたものは、この先もずっと眠ったままです。

「今の自分が使うもの」だけを残して、潔く処分しましょう。

おわりに

これは「街全体を自分の住まいと考える」という発想の転換でもあります。今は手元になくてもいつでも手に入るものばかりだから「自分で所有する」ことにこだわる必要はない、という考え方です。

所有のメリットが本当にあるモノが少ないことに気がつけば、家の中はだいぶスッキリしてくることでしょう。

本記事は、2011年01月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る