\ フォローしてね /

災害時にあると便利な電話番号「消防災害案内」

外出中、在宅中など、消防自動車や救急車のサイレンの音が聞こえると、どこだろうと思ったことがある人はいませんか。野次馬したくて、一生懸命追いかけた事がある人もいるのでは?

そこで今回は、そんな時に便利で、携帯には入れておいて欲しい電話番号をご紹介します。

119番には電話しないで

消防自動車や救急車が近くを通ると、場所を聞きたくて消防署に電話する人がいます。その時に、119番に電話をするのはやめましょう。

119番は消防の集中管理センターへつながるようになっていますので、場所は教えてくれませんし、他の救急性がある人の迷惑にもなります。119番に電話するのは絶対にやめましょう。

消防災害案内専用の電話がある

実は、こんな時に大まかな住所を教えてくれる所があります。それが、「消防災害案内」です。これは各市町村で電話番号が異なるため、記載は避けますが、大変便利です。

外出中に自宅の方に向けて消防車が走って行った時など、自分の家が、自分の家の近くでなどと焦ることもあると思います。そんな時に災害サービスに電話をすれば、大体の住所を教えてくれます。

「消防災害案内」「消防災害サービス」「消防相談」などで検索すると、ヒットします。電話でのサービスは、市町村によってしていない所もありますので、検索するときに、自分の住む市町村を頭に入れて検索すると、見つけやすくなりますよ。

メールでのサービスもある

災害サービスの電話サービスをせず、メールでお知らせしている所もあります。これも、同条件にて検索すると、それぞれの登録アドレスなども紹介していますので、一度見てください。

メールサービスはまだ全国的なものではないようです。ですので、未実施の地域も多数ありますが、電話番号と一緒に登録しておくと便利ですね。特に、各地域の消防団員の皆さんは、当たり前のように携帯に番号が入っていますよね。

おわりに

これはあくまで、災害情報を確認するためのものであって、そこに野次馬をしに行くためのものではありません。

これを聞いて、現場に野次馬にしに行き、消化活動の邪魔にならないようにしてください。また、火事場は非常に危険ですので、決して火事場には近づかないようにしてください。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。