生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 子どもにお手伝いしてもらえる方法

子どもにお手伝いしてもらえる方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

 はじめに

子供にお手伝いして欲しいと思う時ってありますよね?

そんな時、子供に積極的にお手伝いして貰う方法があればどれだけ嬉しいことか。今回はそんなお母さんたちの悩みに答える方法をご紹介します。

 二つある心

子供には「稚心」と「童心」があります。稚心というのはその字の通り、「幼稚な心」のことで、買い物に行った時など「あれ買ってよ~」などと泣き喚くような、人間としてまだまだ未熟な心のことをいいます。

それに対して、童心は「子供が持っ、ている純粋な心」で「僕は将来消防士さんになるだ」というようにどんなものにも憧れを抱く無限性のある可能性を秘めた心とでも言いましょうか。

 伸ばすものを間違えるな

お手伝いをさせるときに重要なことは稚心を捨てさせ、童心を残しておくということです。

人間は成人を過ぎれば一人で立派に生きていかなければなりません。

いつまでも親がいてくれるという考えを持たないように、親は子供に対して厳しい態度で臨まなければならないのです。

そんな子育ての一環で取り入れて欲しいのが、「プチお小遣い制」です。

 小さい頃から

これは、お手伝いを子供の「仕事」にして、しっかりと最後までやり遂げることができた時に、初めてお小遣いをあげるという仕組みです。

ここで大切なのは、毎月のお小遣いは一切あげないということです。

自分が買いたいものがあれば、自分のお金で買わなければいけないし、高価なものを買いたければ貯金するということも大事になってきます。

大人になっても貯金ができず、浪費癖のある人はたくさんいます。
計画性のない人もいます。

子供のときから、稼ぐことの意味や、貯めることの重要性を学ぶことが出来れば、大人になってもお金を有効に利用できるようになるのではないでしょうか?

 おわりに

お金のためにお手伝いをするという考え方はモラルに欠けているかもしれません。

しかし、お金を稼ぐための苦しさを小さい頃から経験しておくと大人になった時、苦労しなくてすむのです。時には「いつも頑張ってるからご褒美ね」とプレゼントをしてあげることも忘れないで下さい。

大切なのは子供を思う気持ちなのです。

Photo: 新洗濯機っ! By Skyriser / Lix

この記事で使われている画像一覧

  • 20110131140155

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る