\ フォローしてね /

夏のゴルフに持っていくと重宝するもの

はじめに

夏になると、ゴルフ場の駐車場は止めるところがないくらい、繁盛していますよね。バブルの頃と比べると、少なくはなっているようですが、まだまだ人気があるゴルフ。

夏の炎天下の中、コースを歩くのは本当にプレーする以上に大変なことですよね。そこで今回はそんな夏ゴルフに持っていくと重宝するものを、紹介していきましょう。

夏ゴルフに重宝する持ち物

携帯水筒

カートなどにはクーラーがついているものもありますが、やはり夏の熱さの前ではあまり役に立ちません。暑いときは、冷たいもので体を潤わせたいですよね。ですから、携帯水筒が必要なのです。

携帯水筒は飲みやすいという事もありますが、魔法瓶タイプのものも多く、9ホール回る2時間位であれば、冷たいまま維持することができます。ですので、350ml位入るもので構わないので、持って歩くようにしましょう。

ちなみに、カートなどがない場合には、ゴルフバックにも入るサイズですので、邪魔にもならず、また重さもさほど気にならないと思います。

着替え

1プレーするだけで汗が出てくるのが夏ゴルフです。そのまま9ラウンド回っても構いませんが、汗でべたつくのも、あまり気分が良いものではありませんよね。

そこで、ゴルフバックの中に、上着を2~3着入れて置くようにしましょう。常に、待ちなしでプレーができる状態であればよいですが、前のグループが詰まっている時など、その間に一度着替えておきましょう。

日焼け止め(できればクールタイプ)

夏の紫外線は非常に厳しいですよね。ゴルフは体育館の中で行うわけではありません。18ホール全て外で行いますよね。ですから、日焼け止めは必須です。

もし、できるなら日焼け止めでもミント系のクールタイプ物を選ぶと、日焼け止めでスーッとすることができ、気持ちいいですよね。特に女性は日焼け対策が必要になりますから、忘れないようにしましょう。

おわりに

ゴルフは打って歩いてを繰り返しますので、健康によいスポーツですよね。しかし、一日中、外でプレーをするわけですから、それに対しての対策は必要になりますし、していないと取り返しのつかない事になることもあります。

ですから、しっかり夏対策をし、楽しいプレーをするようにしてください。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。