\ フォローしてね /

キャンプの時に持っていくと良い調理器具

はじめに

夏になると、なんだかわかりませんが、バーベキューやキャンプをしたいと思う人は少なくないと思います。特にキャンプの時は、一泊することもあり、作る料理回数も増えますよね。

べーべキューコンロは必需品でしょうが、それだけでは調理する物も限られてしまいますよね。そこで今回は、キャンプの時に持っていくと良いものをご紹介したいと思います。

キャンプの時に持っていくと良いもの

ダッチオーブン

最近では持っていくのが当たり前となりつつある「ダッチオーブン」。煮物料理、蒸し料理、スープ料理、焼き物まで何でもこなす、オールマイティー器具の一つですよね。

そんなダッチオーブンですが、重量はかなりありますので、持ち運びには一苦労もありますが、これだけのものを作ることができるアイテムですので、朝、昼、夜とすべての時間に使う事ができます。

また、ダッチオーブンそのものを上からも、下からも温めることができるので、いつまでも温かい状態を保ちやすいのも特徴です。

スモーカー(簡易燻製器)

キャンプで燻製?と思う方もいるかと思いますが、実は結構人気があるんですよ。本格的な燻製とはいきませんが、川で釣った魚を燻製にして食べると、ただ焼くよりも香りを楽しむことができます。

また、今では燃えにくい段ボールのタイプのものもあり、非常に持ち運びに優れているのも、この調理法を楽しむ人が増えたことに繋がっていると思います。

昔からある調理法ではありますが、魚だけではなく、チーズやウインナーなども燻製にしてみると楽しいですよ。

飯ごう

最近ではレトルトのご飯もあり、持っていく人は減っていると思いますが、是非やってほしいのが、飯ごうでご飯を炊くです。ダッチオーブンをする時は、薪を使って火をおこしますので、そのかまどで一緒に飯ごうで炊きましょう。

いつも炊飯器やレトルトのご飯を食べている人にとっては、難しいかもしれませんが、本当においしいご飯が炊けます。また、炊ける直前のにおいも楽しめますし、失敗してもまたいい思い出になりますよ。

おわりに

折角のキャンプですから、普段できない事を是非やってほしいと思います。もちろん、フライパンや鍋でも構いません。ですが、ちょっと豪華に、ちょっとおいしくを楽しむために、是非持っていて欲しいと思います。

今では価格も手ごろになってきていますので、是非これを機会に挑戦してみて欲しいと思います。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。