\ フォローしてね /

国内でパスポートをなくしたときの対処法

国内にいるときには存在感の薄いパスポート。「海外に行くときにしか使わないから……」と、いい加減な管理をしているとトラブルのもとです。

パスポートは身分証明書にもなりますから、管理はキチンとしておきましょう。トラブルを避けるためにも、なくしたとき、なくなっているのに気付いたときには、それなりの対応をしなければいけません。

そこで、国内でパスポートを無くした時の対処法を書き出してみました。

パスポートを紛失したときの手続き

パスポートの紛失に気付いたら、手続きしておきましょう。パスポートは身分証明書になりますから、悪用されたら大変です。紛失に気付いたら面倒がってそのままにしたりせず、きちんと手続きしておきましょう。

パスポートについての詳細な問い合わせは、各都道府県の申請窓口で行います。

紛焼失届出

まず、所轄の警察署に出向いてパスポートの紛失・盗難の届出を行います。紛失したパスポートを失効してもらい、紛失・盗難の届出をしたことを証明する書類を発行してもらいます。

家の中で紛失してしまったときは、警察署への届出の必要はありません。

紛焼失届出により、紛焼失したパスポートは失効します。後日、なくしたと思ったパスポートが見つかった場合でも使用することはできません。ご注意ください。

届出は、パスポートを紛失した人が乳幼児でも本人が行います。

火事のときには、消防署または市区町村の発行する「罹災証明書」をもらいます。パスポートを紛失または盗難にあったことを証明する書類が必要です。

用意するものは、

  • 紛失一般旅券等届出書:1通
  • 警察署の発行した紛失届出を立証する書類又は消防署等の発行した罹災証明書等
  • 住民票の写し:1通
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 
  • 身元確認書類(運転免許証等)
  • 印鑑(訂正が必要な場合に備えて)

などです。

新規発給申請

新規発給申請は、紛焼失届出と同時に行うことができます。

その場合、用意するものは、

  • 一般旅券発給申請書:1通
  • 戸籍謄本又は抄本:1通
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)

などです。

おわりに

海外旅行に行かないからと、しまいっぱなしにしないで、時々はパスポートのありかを確認しておきましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。