生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 持ち寄りスタイルのホームパーティーで喜ばれる3つのおみやげ

持ち寄りスタイルのホームパーティーで喜ばれる3つのおみやげ

2011年01月31日作成

 views

はじめに

持ち寄りパーティーや鍋会など、誰かの家に集まってホームパーティーを楽しむ機会がよくあります。今回はそんな時に必ず喜ばれるおみやげを持って行くために心がけたいコツと喜ばれるアイテムをご紹介します。

外さないおみやげ3選

食材

鍋パーティーの時などにわりと大人数が集まる場合、誰か一人に食材の買い出しを任せてしまうと大きな負担がかかります。鍋の食材は重いものが多く、普段作らない分量を作ろうとするとかなり大変です。

それで食材の一部だけでも買って持って行くととても喜ばれるでしょう。また可能であればすぐに調理できる状態まで下準備をしておけば、持って行ってすぐに作り始めることができるのでおすすめです。

誰か一人に任せてしまうと、その人は準備の段階で疲れてしまってせっかくのパーティーを楽しめないかもしれません。何人かで分担すれば負担は軽くなり、全員が楽しめるでしょう。

取り分ける手間がいらない料理

持ち寄りパーティーの時などに何か一品持って行くこともあるでしょう。その時のメニューを決める時に少し考えて、取り分ける手間がかからない料理を選ぶようにしましょう。

持って行ってから盛りつけ直すためにお皿を準備させたり、別の取り皿が必要になったり、パーティーをする家で仕上げたりする料理だと、主催する人の負担は増えるばかりです。

集まる人数を前もって確認して、使い捨てできるパックなどを人数分用意し、小分けにして持って行けばめいめいに配るだけの手まで済むのでおすすめです。
あまり変わった香辛料を使ったものや好き嫌いの別れる料理ではなく、できるだけスタンダードな誰でも喜んで食べるようなメニューを選ぶのも喜ばれるためのコツの一つです。

デザート

手作りのデザートや焼き菓子、また美味しいお菓子屋さんのクッキーなどを手土産にすると大変喜ばれます。パーティーがどんなメニューでも、特に女性が集まる場合は甘いものは大好評でしょう。

デザートに関しても料理と同じで、できるだけその場で取り分けたり盛りつけ直したりする手間がかからないものを選ぶようにおすすめします。

例えばパウンドケーキを一切れずつ袋にパッケージングして持って行くと、もしお腹がいっぱいで食べられなくても持って帰って食べることができて喜ばれるはずです。

おわりに

気の置けない仲間と楽しむホームパーティーは、外食するのと全く違う素敵なひとときになります。その雰囲気に貢献できるようなおみやげを持って行くと「また集まろう!」という自然な流れもできるでしょう。

本記事は、2011年01月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る