\ フォローしてね /

カメラのフラッシュ機能をうまく使うコツ

最近、どのカメラの本を見ても「ストロボを使ってフラッシュを焚かないほうがいい」と書いてあることが多くなりました。

そのせいで、なんとなくだけれどフラッシュはダメなものだと思われる方もいるようですが、決してそんなことはありません。その証拠にプロはとてもよくストロボを使っていて、ファッション雑誌の表紙などはほとんどがストロボを使って撮影されています。

写真ならではのワザ、フラッシュを積極的に使ってみよう

フラッシュのいいところは、暗いところでも、キレイにくっきり写せるところ。これは今では当たり前ですが、ほんとうはとてもすごいこと。

そしてビデオカメラの動画にはできない、一瞬を切り取る写真ならではのワザなのです。

ちなみにストロボはフラッシュを焚く装置のことでフラッシュはストロボから出る、ごくごく一瞬の光のことです。

フラッシュの持つ色について

一瞬だけしか光らないフラッシュにも、太陽や照明の光と同じようにがあります。フラッシュは、曇り空や朝の光のような薄い青色をしているのです。

実際、この薄い青色が、ときに雰囲気ぶちこわしの大きな原因になることもあります。オレンジの肌の色に薄い青色の光があたると、色同士が喧嘩をして白っぽい肌の色になってしまうのです。

それを解決してくれるのが、ホワイトバランスの設定です。

ホワイトバランスを日陰モードにするか、ケルビン(k)設定で7000k以上の数値にしましょう。そうすることで、カメラは薄い青色のフラッシュの光を、薄いオレンジの光だと判断してくれるようになり、雰囲気もぐぐっと壊れにくくなります。

フラッシュを弱く使う方法

フラッシュによる雰囲気ぶちこわしの、もう1つの原因となることにフラッシュの光が強すぎるというのもあります。

実はフラッシュの光の強さは調節することができます。オススメは-2~ー1に設定して、フラッシュを弱く光らせてあげること。フラッシュだけで写真の中の明るさを作らないで、お店や部屋の明かりとうまく混ぜてあげるようなイメージです。

フラッシュを補助的に使うこの方法は、暗いところだけでなく、日中の屋外などの明るいところで使ってもOKです。特に室内で撮ることも多いこどもの写真は、フラッシュを上手に使えるようになれれば、強い味方になってくれること間違いなしです。

(text & photo by Ai Nakamura)
(イラスト by にしだたまみ)

関連ライフレシピ

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。