生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ふきのとう味噌の作り方

ふきのとう味噌の作り方

2011年01月30日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

皆さんは「ふきのとう」って食べたことがありますか?春先、雪解けと共に一斉に顔を出し始めるふきのとう。食べると口の中には春の香りが広がり、少し苦味がある大人の味がします。

今回はそんな「ふきのとう」を使った「ふきのとう味噌」の作り方を紹介したいと思います。

材料 (作りやすい分量)

  • ふきのとう…7個(外葉をとって60g)
  • 味噌…120g
  • 三温糖…大さじ6
  • 酒…大さじ3
  • みりん…大さじ2
  • 重曹(無くても可)…極々少量
  • 唐辛子(お好みで)…適宜

作り方

STEP1: お湯を沸かして下準備

初めにお湯を沸かします。何で先にお湯を沸かすかというと、ふきのとうの切り口がすぐにアクで黒くなってしまうので、切ったらササッとお湯に入れてしまいたいからです。

そして、ふきのとうを綺麗に洗い、外の葉を取り、半分に切ります。

[check:ふきのとうを切る際はまな板を濡らしておきましょう。そうするとまな板が黒くならなくて済みます]

STEP2: 茹でる

使用できるなら、少量の重曹を入れて2分ほど茹でます。

STEP3: 水にさらす

水にさらします。苦味が嫌な方であればあるほど、しっかり時間をかけてさらしましょう。途中で水を換えることもお忘れなく。

[check:水にさらす時間の目安として、1時間弱~が良いのではないかと思います。途中葉を少し食べて苦味の具合やアクが抜けたか等を確かめると確実です]

STEP4: 刻む

水気を軽く絞り、包丁で刻みます。

STEP5: 炒める

油でふきのとうを炒めます。

[check:唐辛子を入れたい方はここで入れましょう]

STEP6: 練る

味噌、砂糖、酒を加え、練っていきます。とろっとしたらみりんを加え、お好みの固さより少し手前で火からおろします。

[check:火からおろすと少し固くなります。火にかけ過ぎないように!]

STEP7: 完成

完成です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?ふきのとう味噌美味しいですよ。ご飯にかけたり、焼きなすにつけたりすると最高です。

注意事項として、買ってきたふきのとうよりも山で採ってきたふきのとうの方がアクが強いので、水にさらす際には更に時間が必要になってきます。

では、春の味覚ふきのとう、皆さんも堪能してみてください。

参考

cook pad

本記事は、2011年01月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る