生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. さりげなくタバコを吸うのを止めてもらう方法

さりげなくタバコを吸うのを止めてもらう方法

2011年01月30日作成

 views

お気に入り

はじめに

タバコを吸わない人にとって、目の前でタバコを吸われるのは、けっこう辛いですよね。吸っている本人は気づかないのかもしれませんが、大変不快なニオイがしますし、洋服にもニオイが染み付きます。

また、もちろん、副流煙を吸う周囲の人の健康を害することにもなっています。子供が一緒にいるときや、妊娠中などは、とくに止めて欲しいですよね。

でも、相手によっては、「私の前ではタバコを吸わないでください」なんて、なかなか言いにくいものです。そこで、さりげなく、タバコを止めるようアピールできる方法を紹介したいと思います。

タバコを止めてもらう方法

換気扇を回してみる

自宅やオフィスなど、狭い空間でタバコを吸おうとしているときは、さりげなく、換気扇を回してみましょう。

「吸うと空気が汚れる」ということを、無言でアピールするのです。鈍感な人でなければ、これで、タバコを吸いづらくなるでしょう。

人によっては、換気扇を回すのは「どうぞ吸ってください」のサインだと思う方もいらっしゃいます。どう受け止められるか、よく考えてから行いましょう。

咳き込んでみる

わざと、「ゴホッゴホッ」と咳き込んでみましょう。ここまですれば、よほど鈍感でなければ、タバコが迷惑になっていると気付くでしょう。

「ごめんね。タバコ吸ってるからかな?」なんて言われたら、「いえ、すいません。チョット気管が弱いもので・・・」と、あくまでも下手にでましょう。

子供を武器にする

子供が一緒にいて、止めて欲しい場合は、子供を武器にしましょう。

「私、タバコの煙が苦手で・・・」と言うよりも、子供を言い訳に、「この子、気管があまり強くないので、申し訳ないのですが、タバコは別の部屋でお願いします。」と言ったほうが角が立ちません。

普通の大人なら、子供の前でタバコを吸おうとした自分が悪かったと反省して、すぐに止めてくれるでしょう。

おわりに

特に目上の人なんかには、なかなかハッキリとは言えませんよね。さりげなく、でも断固とした態度で、自分の前で吸わないように、アピールしましょう。

本記事は、2011年01月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る