\ フォローしてね /

ティーバッグ(緑茶・紅茶)の上手な入れ方

緑茶は家でもオフィスでもほとんどの方が飲んでいますよね。きちんと茶葉から入れるとおいしいお茶が飲めますが、便利なティーバッグを利用している人も多いかと思います。

ティーバッグでお茶を入れるとき、先にお湯を入れてティーバッグを入れるのか、ティーバッグの上からお湯を入れるのか、人それぞれやり方が違うことを最近発見しました。

そこで今回は、私が使っている緑茶のティーバッグに書かれていた「ティーバッグの上手な入れ方」というものをご紹介します。

ティーバッグの上手な入れ方

STEP1: コップ(湯のみ)にティーバッグを1つ入れます

STEP2: 少し多めのお湯を注ぎます

ティーバッグに水分が吸い取られ、ティーバッグを取り出したあと水の量が減るので、それを計算に入れてお湯を入れるとGood!

STEP3: そのまま30秒待ちます

STEP4: ティーバッグを上下に10回ほど振ります

STEP5: ティーバッグを取り出したら出来上がり!

おいしくいただいてください。熱湯には十分に注意してくださいね!

2~3人分を作る方法

ティーバッグをつかって2~3人分のお茶を入れたい場合は、以下のとおりです。

  • ティーバッグを2~3個使う(1人1個計算で量を決める)
  • 急須やティーポットにティーバッグを入れ、お湯を注ぐ

これ以外は最初にご紹介した方法の STEP と同じです。

さいごに

いつも30秒も待たずに捨てていた皆さん(私)!これからは少しだけ我慢して、ティーバッグのお茶をよりおいしくいただきましょう!!

紅茶は1分30秒まって振らずに外に出すのがよいそうです。
このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。