生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 留学希望者必読!留学エージェントの上手な使い方(選び方)

留学希望者必読!留学エージェントの上手な使い方(選び方)

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

近年、様々な企業で、社員に対して「英語力」を問われる傾向が強いように感じています。

その傾向とは反対に、年々留学に行く人工は減ってきていると聞きますが、その理由のひとつには「え?留学?どうするの?」というハウツーを求めている人も少なからずいるのではないでしょうか?

そんな留学に行きたいと思った人がまず考えるのは、留学エージェント(留学斡旋業者)について、近今の留学エージェントの倒産や不祥事でこの業種に対して不信感を抱いた人も多いことでしょう。
しかし、世の中にある留学エージェント全てが悪かと言えば、全然そんなことはありません。

この記事では、私なりに留学エージェントに関する知識と、留学エージェントの”使い方”と”選び方”を合わせてご紹介させていただこうと思います。

留学エージェントについて

留学エージェントに関しては賛否両論です。まず、留学エージェントと言えば留学をサポートしてくれる会社のことですが、この留学エージェントを使う必要が貴方自身にあるか無いかをまず決めた方がよいでしょう。

まず抑えておきたいのが、留学エージェントは使わなくても留学することは可能です。たまに「留学に行くから絶対留学エージェントを使わなくちゃ!」と意気込む人は多いですが、それは間違いです。

ただし、留学エージェントを使わない場合は全ての手続を自分で行わなければならないので、手間が非常にかかります。中でも留学経験の無い人にとっては0から留学するための情報を集めなくてはならないので、かなりの時間を必要とするでしょう。

また、あまり知られていませんが、留学先の語学学校などは留学エージェントを通すと料金が安くなることが多いです。そのため、渡航自体にはエージェントを使わず、留学先でエージェントを使って語学学校を決める人もいます。

逆に留学エージェントを使う場合は、上記の逆で、とにかく時間の節約になります。留学エージェントの中にはワーキングホリデーなどの手続き代行や、荷物の配送などをサポートしてくれるエージェントもあるので、確実に留学に行くまでの手間が省けるでしょう。

留学エージェントに入会金?

ただし、大手留学エージェントの場合は入会手数料がかかることがあります。実は私は初めての留学の際に大手留学エージェントを使って留学したのですが、その際の手数料が約10万円。今考えると途方も無い金額になります。語学学校に数ヶ月通える金額です。

そのため、留学エージェントを決める場合のポイントとして私がおすすめするのは、

入会金無料のエージェントを探す

エージェントの中には、日本では無く留学先を拠点にしているエージェントが多数存在します。

こういった現地エージェントでは入会金等を取らない留学エージェントが多いので、超多彩なサポート内容を必要としない限りは、これらの現地留学エージェント、または入会金無料の留学エージェントで私は十分だと思っています。

広告目的じゃ無い留学エージェント紹介サイトを利用する

探し方はGoogle先生でもいいのですが、最近は留学エージェントを探すことのできるウェブサイトなども増えてきているので、それらを利用するのも手でしょう。

(ただし、ウェブサイトの中にはお金を支払う形で単に広告目的でエージェントを紹介しているサイトも多いので、可能な限り実際に使った人の声などが見えるサイトを選ぶようにしましょう)

私がお勧めするのは、例として下記のような留学サポート検索サイトです。
- http://bringearth.org/
上記サイトは留学に失敗した人たちの有志で作られたサイトらしく、金銭のやりとりで留学エージェントを掲載しているわけでは無いということと、エージェントに対するユーザーの声を見ることもできるので、私が今まで見てきたサイトの中では最も、参考になったウェブサイトのひとつです。

また、こういった”ユーザーの声”のような機能をトラブルの多い留学エージェントは嫌う傾向にあり、過去に留学生と何かしらのトラブルがあったエージェント等はこういったサイトには登録しない傾向にあるのもポイントかもしれません。

時間があるなら様々な留学エージェントに問い合わせる

私も初めての留学の時に、「もっといろんな留学エージェントに相談してみるんだった!」と後悔したことがあるのですが、先ほどのサポート内容やホームステイの紹介など、サポート内容はエージェントによって違う場合があいります。

時間が許すのであれば、様々な留学エージェントに問い合わせしてみてください。

留学エージェントを情報収集源にする

入会金無料で、現地の留学エージェントを使うことになったら、まずは留学するための情報を片っ端から集めましょう。

手続き方法、自分の希望、ビザ関連、お勧めの学校、これらの情報は全て当然ながら無料です。

そもそも、留学エージェントは基本的に数えきれない留学生を迎えているはずなので、情報量で言えば、どんな人達よりも多く持っているはずなのです。

何を聞けばいいか分からない!という人も、単純に「[留学希望先]に、[留学目的]で留学したいですが、何からはじめればいいですか?」という聞き方をするだけでも、ある程度の情報を得ることができます。後は向こうから必要な情報を教えてくれるでしょう。

語学学校を決める

断言しても良いですが、留学の相談をする際に「語学学校はどうされますか?」と絶対に聞かれます。実は留学エージェントの大半はこの「語学学校の紹介」で利益を得ているのです。

なので、エージェントによっては必死で語学学校を日本に居る内から決めさせようとするエージェントも多いですが、私はやはり留学先に渡航してから語学学校を決めることをお勧めしています。

まず、語学学校の大半は無料体験レッスンを行っている場合が多いです。なので、実際に留学先で気になった語学学校を見学し、体験レッスンを受講し、肌にあった、目的にあった語学学校を見つけることが一般的な語学学校の決め方でしょう。

「語学学校を10ヶ月分支払いしたけど、やっぱり今の学校は肌に合わない。学校変えたい。」なんていう話も良く効きますが、これは留学先や学校によっては無理な場合もあるのでご注意を。

あとは、冒頭にも記載したよう、留学エージェントを通すと語学学校の費用が安くなる傾向にあります。これは語学学校側との契約で、「生徒を紹介するから受講料安くしてあげて!」と留学エージェント側が学校側と交渉しているのです。

なので、自分で語学学校と値段交渉ができる場合は話は別かもしれませんが、まだまだ語学力に自信が無いという人も、手間を省きたいという人にも語学学校を選ぶ際はやはりエージェントを通すことをお勧めします。

おわりに

いかがでしたでしょうか、「留学エージェントなんて絶対に使わない!」という考え方より、「留学エージェントをどううまく使うか。」を考えた方がよほど有意義な留学を計画することができます。

留学は人によっては一世一代の大決心になる人が多いと思いますが、留学に大切なのは、”自分一人の力で留学をする”ことではありません。いかに留学を有意義にするかという点なのです。

  • 留学エージェントは入会金無料の物を選ぶ
  • 広告目的以外の留学エージェントまとめサイトで探す
  • 色々なエージェントに連絡を取ってみる
  • "留学エージェント=お金がかかる"の考えを捨てる
  • 留学エージェントは情報収取源だと思う
  • 語学学校は留学エージェントを通す

以上のようなまとめになるかと思われます。

是非皆さんも、留学をするに当たって、エージェントを使うか使わないか迷っている方がいらっしゃれば、是非参考にしてみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110129161204

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る