生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 結婚披露宴で失敗しないためのマナー(服装編)

結婚披露宴で失敗しないためのマナー(服装編)

2011年01月28日作成

 views

結婚披露宴での服装のマナーを知らないと、1人で目立ってしまって恥ずかしい思いをしてしまいます。ですから、服装のマナーをしっかりと守って披露宴に出席したいものですよね。

そこで、今回は、披露宴に着ていきたい、服装とアクセサリーについてご紹介します。

目次

女性の服装のマナーと選び方

披露宴の会場は、華やかなので、女性としてはついついおしゃれをして出かけたくなります。しかし、結婚式の主役は新婦です。ですから、何を着ても良いという事ではありません。

そこでまず、新婦より目立たない服装を心がけましょう。白い色のドレスやワンピースは避けるようにしましょう。なぜなら、白は新婦の色ですので、かぶるととても目立ってしまいます。

他にも、マナー違反な服装はたくさんあります。

例えば、黒一色の服は、喪服のイメージがあり、縁起がよくないとされていますので避けましょう。しかし、アクセサリーでアクセントをつけると、華やかな感じになりますので、問題はありません。

また、肌を露出した服装もNGです。肌を露出すると、新婦より目立つ場合があったり、親族や両親、年配の人たちから下品に見られたりする場合があります。ストールで羽織るとよいでしょう。

結婚式の服装選びは意外と気をつけることが多いものなのです。

バッグや靴の選び方

実は結婚披露宴では、バッグや靴にもマナー違反があるってこと、ご存じでしたか。

披露宴では、大きいバッグはマナー違反とされています。特に、キャンパスバッグはカジュアルなバッグなので、正式な場ではマナー違反です。

また、布やビニールで出来た素材のバッグはフォーマルに向いていないで避けましょう。

ベストなバッグは、小さなハンドバッグで革製のものです。革はフォーマルにとても合い、写真撮影の時にも腕にかけられるので使い勝手も良いでしょう。

結婚式での靴はパンプスが1番ベストになります。シルバーやゴールドの華やかな色や、きらびやかな飾りの付いたものを選びましょう。

しかし、甲の大きく開いたサンダルや、後ろにベルトが付いていないものは避けましょう。ミュールはマナー違反です。なぜなら、歩く時にかかとが靴から離れてしまい、エレガントさに欠けてしまうからです。

おわりに

マナーって色々あって、本当に面倒ですよね。でも、お互いにマナーを守って、素晴らしい披露宴にしたいものです。

結婚披露宴で失敗しない為の余興やスピーチの仕方も参考にしてみて下さい!
[nanapi:19161]

関連記事

[nanapi:17164]
[nanapi:18938]
[nanapi:15863]
[nanapi:17218]

本記事は、2011年01月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る