生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 結婚式出席を断る方法

結婚式出席を断る方法

2011年01月28日作成

 views

はじめに

友達や親族の結婚式に参加することもあるはずです。結婚式にあまり出席したことがない人は、なかなかマナーがわからないものです。

また結婚式に参加したくても、都合などで行けない場合が多いはずです。そこで今回は結婚式出席を断る方法を紹介します。

結婚式出席を断る方法

招待された場合

せっかく結婚式に誘われたのに、都合でいけなくなった場合のマナーを紹介します。欠席する場合、まずは、招待状を返信する前に、電話で事情を伝えるようにします。

病気や身内の不幸で出席できないときは正直に理由を告げず、「やむを得ない事情で」などと曖昧に言うようにしましょう。

「欠席」を伝えたとしても、招待状をいただいていたら必ず返信をするようにしましょう。

披露宴に招待されているのを断る場合は、出席できなくてもなにかの形でお祝いするのがマナーです。

プレゼントの品でもご祝儀でも大丈夫です。結婚式の祝儀の相場として、引き出物や料理の金額を差し引いた1万円が相場とされています。披露宴の日程より前に渡しておくほうがよいです。

出席はがきを出した後

出席の返信をしたのにも関わらず、出席できなくなるときありますよね。まずは新郎新婦に電話をして事情を説明しましょう。きちんとお詫びすることが大事です。

いくら出席できなくなっても、勝手に代理人を立てるのはいけません。また、出席はがきを出した後に欠席する場合は、結婚式当日に渡そうとしていた金額の半額程度を包んで、披露宴の日程より前に贈りましょう。

また、結婚式当日は、電報でフォローをすることも忘れないようにしましょう。

当日いけなくなった場合

結婚式に行きたくても、どうしてもいけなくなった場合もあるはずです。そんなときは、早めに連絡をしましょう。しかし結婚式当日は、新郎新婦は忙しく、携帯電話に出れない可能性が高いのです。

そこで、出席者に知り合いがいるならその人に、いなければ会場に電話をしてスタッフに事情を説明するようにしましょう。

また、引き出物や料理を用意してもらっていたわけだから、出席する場合と同じ額のご祝儀を後日渡すようにしましょう。そのときにきちんとお詫びをすることも忘れずにしましょう。

おわりに

結婚式に招待されても、参加できない場合は今回紹介した方法を参考にしてみてください。

本記事は、2011年01月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る