生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 全ての男性に送る、女の子の悩みや愚痴を上手に聞く方法

全ての男性に送る、女の子の悩みや愚痴を上手に聞く方法

2011年01月27日作成

 views

はじめに

親しい女性、彼女、奥さんから、不満や愚痴をこぼされたことはありませんか?

  • できれば愚痴は聞きたくない
  • 早く終わって欲しい

と思う男性も多いかもしれません。

しかし、愚痴の聞き方ひとつで、男力・彼氏・旦那力をアップさせることができます。ここでは、上手に愚痴を聞く方法を説明します。

女性は、意見ではなく、共感を求めている

何故女性は愚痴をこぼすのか。考えたことはありますか?

それは、あなたに自分の話を聞いて欲しいからです。決して、意見を求めてるわけではないということを頭において置いてください。

それを踏まえた上で、上手に愚痴を聞く方法を説明します。以下の3つのことを頭において、話を聞いてみてください。

ポイント1:話しをしやすくする相槌を打つ

女性はあなたに共感を求めているという話しをしましたが、具体的にどのようにすればいいのでしょうか?以下のような相槌を、会話の中に取り入れてみてください。

  • そうなんだ、それで?
  • 大変だったね、つらかったでしょ?
  • そういうことがあって、どう思った?

男性はよく会話の中で、「そうなんだ」や「大変だったね」という言葉を使うと思います。相手の話しを聞いているように見えますが、女性からすると次の話しをしにくい流れを作ってしまいます。

そのため、言葉の語尾に、疑問符の付く言葉をつけてみましょう。

「それで?」「どう思った?」など、相手に会話の主導権を渡すような言葉を選べば、女性は自然に話しをしてくれます。

ポイント2:同じ言葉を繰り返す

同じ相槌を打ち続けると、女性は「この人本当に私の話を聞いているんだろうか・・・」と不振に思い始めます。そのため、以下のような会話を取り入れて見てください。

  • 女性:会社お局にいじめられているの。
  • 貴方:お局か~。どんなことをされているの?

女性が言った言葉やキーワードを、次の会話の中に織り込むと、「この人はちゃんと私の話を聞いてくれている」という安心感を与えることができます。

難しいかもしれませんが、ポイント1に慣れたら、こちらも使ってみてください。

ポイント3:自分の意見を言ってはいけない

最初に説明しましたが、女性は貴方に、意見を求めているのではなく、共感を求めています。求められない限りは、自分の意見を言ってはいけません

「それは違うんじゃない?」と思うこともあるとは思いますが、ぐっとこらえましょう

万が一、意見を言ってしまい、相手に不信感を抱かせてしまうと、最悪の場合ケンカに発展してしまいます。

おわりに

できれば、女性の愚痴は聞きたくないものです。しかしながら、聞き方ひとつで、女性の、貴方に対する接し方や態度は劇的に変化します。

最初は難しいですが、是非上記の方法を試してみてください。

本記事は、2011年01月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る