生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 字を綺麗にするためのコツ

字を綺麗にするためのコツ

2011年01月27日作成

 views

はじめに

自分では丁寧に字を書いているつもりでも、書き上がった文章を見てがっかりすることがあります。字を綺麗にするのはなかなか難しいものです。

そこでこの記事では、自宅ですぐに取り組むことができてお金もかからない、字を綺麗にするためのコツをご紹介します。

簡単な方法で字を綺麗にするコツ

お手本を見ながら書く

子どもが初めて字を覚える時のことを考えてみてください。最初はお手本をなぞり、書き順や字の形を覚えたらお手本を見ながら四角いマスの中に書いていきます。

それと同じように、何でもよいので綺麗な字をお手本にしてそれを見ながら文字を書く練習をしましょう。まさに初心に帰って一からやり直すつもりで取り組んでみてください。

書店で練習用のドリルなどを買うこともできますが、パソコンが使える方であれば「教科書体」などのフォントを選んで自作のドリルを作れば時間もお金もかからずすぐに始められるでしょう。

自分の頭の中で字のイメージを決めてしまい、実際にはねたりとめたりしている部分を無視して書いているので字が汚くなってしまいます。そこでお手本を見ながら綺麗な字のイメージをもう一度自分の頭に叩き込みましょう。

指のトレーニングをする

一昔前には「はじくだけで字が上手くなる」という小さな機械が流行りましたが、専用の機械がなくてもすぐに始められるトレーニングをご紹介します。まずこの写真のように親指・人差し指・中指を広げます。

次に下の写真のように3本の指の腹をはじきあわせるようにして指先に力を入れ、筋力を少しずつ鍛えてみましょう。簡単に言うと何度も繰り返し「指パッチン」をするような感じです。音を鳴らす必要はありません。

原理は親指・人差し指・中指のトレーニングをしてきちんとした持ち方で書くと字が綺麗になるということです。字がなかなか綺麗に書けないという方は、持ち方や筆圧をチェックすることをおすすめします。

おわりに

字を綺麗に書くことができると様々なシーンで役に立ちますし、字が汚くて恥ずかしい思いをすることもなくなります。ある程度の時間と根気は必要ですが、ぜひこの2つの簡単な方法を試してみてください。

本記事は、2011年01月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る