生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. やっぱり自家発電!電気代を節約する方法

やっぱり自家発電!電気代を節約する方法

2011年01月27日作成

 views

こう不景気が続くと、毎日の生活をどのようにやりくりしようかと、毎月月末には悩んでいるのではないでしょうか。節電をすでに始めている人も多いでしょうが、本格的にはじめているわけではない人も多いかと思います。

そこで、今回はただの節約だけではなく、ソーラーパネルなどを使って本格的に電気代を節約する方法をご紹介しましょう。

目次

節電の基本!アンペア数を下げておく

電気代の基本料金はアンペア数によって異なります。また、アンペア数が大きいと、どんな時でも電気を無駄に使うようになっていしまいます。ですから、アンペア数を下げヒューズが飛ばない程度に電気を使えば、節約できます。

家族でやろう!こまめにコンセントを抜く

基本的な事ではありますが、使わない家電のコンセントは抜くようにしましょう。そうすることで、1日の節約量は微々たるものですが、1ヶ月で考えるとそれ相応になります。自分だけではなく、家族全員で意識するようにすれば、その効果は倍増します。

新築・増改築の時が節電のチャンス

実は、電気代を払っていない人が世の中にはいます。決して滞納したりしているわけではありません。堂々と胸を張って電気代と払わない方法が実はあるのです。

それがソーラーパネルです。ソーラーパネルは自家発電の材料として、家の屋根に取り付けられています。実はこれが節約に大きくつながるのです。

契約によって電気代を買ってもらえる?

ソーラーパネルで自家発電すると、自分の家でつかう電気は屋根が勝手に作ってくれます。しかも、夏など天気が良い日が続くと1ヶ月で使う量を大幅に上回る量を帯電してくれます。

そのため、無駄に余った電気は電力会社が買い取ってくれるのです。そうすると基本料金よりも多い電気量の時には、売り買いした後にお金がもらえる時もありますし、ほとんど払わなくて良い時もあります。

確かに、パネルそのものの価格は高額ではありますが、トータルコストを考えると、パネルを付けた方が特になることもあります。しかし、雪の降る地域に至っては、冬場の帯電が期待できませんので、その点はご注意ください。

節電における自家発電の重要性

節電は簡単なことではありません。しかし、今の時代、電気は必要不可欠なものになってきています。そのために、自家発電を行うようなシステムがあれば、大きな節約につながるのです。本格的に節電をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

本記事は、2011年01月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る