生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 字を綺麗に書くためのポイント

字を綺麗に書くためのポイント

2011年01月27日作成

 views

パソコンや携帯が普及している今、手書きで文字を書くという機会はとても減っているのではないかと思います。

それでもたまにはどうしても手書きで書かなければならないときもありますが、そんな時に恥をかかないためにも綺麗な字を書けるようにしておきたいものですよね。

そこで今回は字をきれいに書くポイントを大まかに分けて二つ紹介したいと思います。

二つのポイントの細かな注意点も書いてみたいと思いますので是非参考にしてみてください。

ポイント1: 文字自体のバランス

字がきれい=字のバランスが良い、と言い換えることが出来ると思います。

綺麗な字をなぞってみる

意識してみてもなかなか綺麗な字が掛けない場合には、綺麗な字を上からなぞってみるという方法がオススメです。

「ここは短いほうが綺麗に見えるんだ…」など、今まで気づかなかった文字の上手な書き方が発見できると思います。新聞などの文字で充分ですので、気軽に試せると思います。

右上がりを意識してみる

左上がりは不自然ですよね。右上がりに書くように意識して見ましょう。極端に右上がりにしすぎるとそれはそれで読みにくい字になってしまうので注意してください。

横書きの場合は特にこの右上がりが上手く書けるかどうかが重要になります。六度法というものがありますが、これは右上がりに6度傾けるということです。

極端に右上がりになりすぎず、自然で、綺麗なバランスの文字が書ける傾きだそうです。

ポイント2: 全体のバランス

いくら文字自体が綺麗に書けるようになっても、文字の傾きがバラバラだったり、文字の間隔が狭すぎたり開きすぎたりしていてはバランスが悪く、綺麗には見えません。

傾きや大きさ

ポイント1でも六度法について触れましたが、全体のバランスにおいてもやはり傾きは重要です。

いちいちきっちり傾き加減を分度器で図る必要はありませんが、だいたい6度程度(自然な傾き)を一文字ずつ守っていればバラバラになる事はありません。是非意識して書いてみてください。

傾きと同じくらい重要なのが文字の大きさです。こちらも意識して書いてみましょう。

画数の多い文字は文字を小さく、画数の少ない文字は文字を大きく書くと上手くバランスが取れます。

ひらがなに関しては漢字よりもほんの少しだけ小さめに書くと全体のバランスが取りやすいですよ。

文字同士の間隔

字と字の間隔を整えて書いてみましょう。間隔を開けすぎず狭すぎずに等間隔で書く事が重要です。

字自体はあまり綺麗ではなくても、この全体のバランスがきちんとしている人の字はとても読みやすいです。

おわりに

子供のうちならまだしも、大人になってからも字が汚いのは恥ずかしいですし、今更習うのもなぁ、という人も多いと思います。

書いた字を人目にさらす場面は、無いようで結構あると思うので、そんな時に恥をかかないためにも是非参考にしてみてください。

本記事は、2011年01月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る