\ フォローしてね /

資格取得のための勉強のスケジュール管理の方法

はじめに

資格取得のために勉強をしている人は多いと思います。就職難の昨今、資格を持っていると就職に有利ですよね。

しかし、仕事をしながら資格取得の勉強をしている方にとっては勉強のスケジュールをたてるのに難儀していたりもするでしょう。

資格取得のための勉強のスケジュール管理の方法をご紹介します。

資格取得のための勉強のスケジュール管理の方法

試験日までの日数を逆算して1日の勉強量を決める

試験日までの日数を逆算してみましょう。勉強できる期間をまず把握するのです。

そして勉強のスケジュールをたてましょう。まず、やるべき勉強の量を把握し、それを試験までの日数でこなせるようにスケジュールをたてましょう。

1日にやるべき勉強量が決まってくるでしょう。予定が入ったり、体調を崩したりして勉強できない場合があるので、余裕をもったスケジュールをたてておきましょう。

模擬テストを定期的にして弱い部分を集中的にするようにする

勉強だけをしていてはだめです。自分の実力がどのぐらいか確認しながら勉強していかなくては、試験に合格することは出来ません。

定期的に模擬テスト(過去問題を解いてみる)をしてみて、自分の苦手な部分や弱い部分を見つけ出し、そこを集中的に勉強するようにしましょう。

テストによって自信をつけることも出来るので、是非するようにしましょう。

試験日に余裕をもって臨めるような勉強スケジュールを組む

試験当日になって「あそこはまだやってない・・・出なければいいけど」などということにならないように、万全の用意をして余裕をもって試験に臨めるようにきちんとスケジュールを組みましょう。

試験はあくまで理解力を調べる場ととらえるべきです。ヤマをはるのはもってのほかです。実際に仕事をする時に必要なことを理解しているひとだけが資格を与えられるのです。

実際に仕事をしている自分をイメージし、仕事をしている自分が慌てることのないように勉強するようにしましょう。

おわりに

資格取得のための勉強は自分との闘いです。疲れていて勉強したくない日もあるでしょう。そんな日でも、1問は解くようにしましょう。

毎日欠かさず勉強し続けることで、自信をつけることが出来ます。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。