\ フォローしてね /

小さな子どもと長い待ち時間を乗り切るための3種の神器

病院やイベント、または帰省中の車や電車の中など、長い待ち時間を経験することも多いと思いますが、子どもにとって、「待つ」のは苦痛以外の何ものでもなかったりしますよね。

今回は、小さな子どもと長い待ち時間を乗り切るための3種の神器をご紹介します。

いつもの「お気に入り」

お子さんによっていつもの「お気に入り」は様々だと思いますが、1つは用意しましょう。

紙物

紙物では、絵本は大定番。お気に入りの絵本はもちろん、「この日は遠出する」などとわかっていれば、新しい絵本を用意してあげてもいいかもしれません。小さな子どもは新しいもの好きなので、集中して読んでくれるかも。

絵本以外では、幼児なら迷路やポケットパズル、文字や数字などのドリルなども楽しめます。

おもちゃ

女の子ならお人形、男の子ならミニカーなど、小さく持ち運べるおもちゃを持っていって、お人形さんごっこやミニカーごっこに付き合ってあげると気がまぎれます。おもちゃを使って、子どもとお話を作るのもよいです。

タオルなど

持てば安心するいつものタオルがあるお子さんもいらっしゃると思いますが、大きなタオルでくるまれると安心しますので、月齢の小さい赤ちゃんなどがいらっしゃれば、タオルなども有効かもしれません。

手遊び

幼稚園前後(もう少し小さくても)のお子さんであれば、いくつか手遊びを用意するのもいいでしょう。幼稚園などで習ったものやママやパパが新しいものを教えてあげてもいいですね。楽しめて、時間を忘れてしまうと思います。

こちらのサイトは動画で手遊びが紹介されているので、ぜひ、参考になさってください。

てあそび.com

お菓子

これには頼りたくないけれど・・・、でも、やっぱり用意しておいた方がいい定番アイテムですね。長い待ち時間にぐずりだしても、お菓子などの飲食をすると満たされる、気分転換になるのでケロッと機嫌が直ったりします。

お菓子が食べられない場所などもあると思いますので、確認して食べましょう。また、できれば、くずなどが出ないものがいいですね。

おわりに

大人でも「待つ」ことは苦手な人も多いですし、ひと仕事。ましてや小さな子どもはひとところにじっとしているのが、苦手です。

いつもの「お気に入り」を用意したり、手遊びで遊んでみたり、また、時にはお菓子をあげたりしながら、なんとか上手に待ち時間を乗り越えてくださいね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。