生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 電気代を安くする方法

電気代を安くする方法

2011年01月27日作成

 views

はじめに

不景気が続いている昨今、できるだけ生活にかかる経費は抑えたいものです。まず思い浮かぶのが水道・ガス・電気などの水光熱費です。でも実はなかなか節約するのが難しいものですね。そこで今回は
電気代を安くするコツを取り上げました。

電気代を安くするコツ

効率の良い電気製品に変える

物を大事にするのはいいことですが、古い機器はどうしても効率が悪く電気を多く使ってしまう機械である場合があります。そうすると気を付けて使っていても電気代がかさんでしまうかもしれません。

それでもし現在自宅で使っているものの中でかなり古い電気製品があれば、カタログやインターネットなどを利用して効率の良い電気製品への買い替えを検討してみましょう。

特にエアコン、冷蔵庫など電気を使って熱を出したり冷やしたりするタイプの家電製品は要チェックです。まだ使える状態ならすぐに買い替える必要はありませんが、使用年数が長くなっているなら具体的に考えることをおすすめします。

オール電化と深夜電力を利用する

電気の契約も見直してみましょう。家の中からガス製品をやめてすべて電気に変更した場合、オール電化の割引が適用されるプランがあります。そういった割引がなくてもガスの基本料金がなくなるため、確実にその金額はコストカットできます。

深夜電力の利用もおすすめです。夜11時以降から翌朝7時までの電気料金は非常に安くなります。食器洗浄機の運転や洗濯などを夜中にしてしまったり、早朝の間に家事をこなしてしまうのもいい方法です。

深夜に大きい音がする電化製品を使うと周りの家に迷惑になる場合がありますので、よく配慮して使うように心がけてください。

太陽光発電を導入する

自宅の屋根にソーラーパネルを取り付けて太陽光発電を利用すれば、電気を買うだけではなく発電して余った電気を売ることもできます。これも割引が適用されたり補助金が出るプランもあるようです。

電気を高く買い取ってもらい、安く購入できれば電気代は安くなります。イニシャルコスト(初期投資)はかかりますが、検討してみると思っているよりも楽に導入できるかもしれません。

おわりに

いかがでしょうか。様々な手段を上手に組み合わせることで大きな節約につながります。すべての方法を同時に活用することはできなくても、一つでも取り組めることがないかぜひ参考になさってください。

本記事は、2011年01月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る