生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 気がない人のデートの誘いを断る方法

気がない人のデートの誘いを断る方法

2011年01月26日作成

 views

お気に入り

いくら気のない相手でも、あまり角の立つ断り方はしたくないですよね。そこで今回は、気のない人のデートの誘いを断る方法を紹介します。

気のない人のデートの誘いを断る方法

好きな人がいる

相手に期待させたくないならば、ストレートに「好きな人がいるから」、「付き合っている人がいるので」といって断りましょう。

よっぽどの男性でなければ、「好きな人がいる」と言われると引いてしまいます。それに、ずるずる付き合うだけ付き合って、気を持たせるだけ持たせる行為は後々トラブルになる可能性が高くなります。

本当に付き合う気がないのであれば、絶対に相手の誘いには乗ってはいけません。「脈なし」ということを相手に伝えるようにしましょう。

友達としか見ていない

きっぱり断るには、1番言われたくないことを言いましょう。「友達としか見ていない」ということは相手を「男性として意識していない」ということです。

これは男性の心を傷つけてしまいます。それとともに、恋愛対象ではないことをはっきりと意識させることができます。一時は彼も傷つくでしょうが、はっきり伝えるにはよい方法です。

中途半端な断り方をすると、相手に火をつけてしまうかもしれません。はっきり断りましょう。「また今度誘ってください」とか、「残念だけど」とか、相手がまた誘うような言葉を使うのは絶対にやめましょう。

遠慮させて下さい

合コンで出会ったりして、相手にきっぱり断りにくい場合は、「「すいません、今回は遠慮させて下さい」などと断るようにしましょう。

一度でも誘いに乗ってしまうと、「この人は付き合う気があるのだな」と男性は思ってしまいます。

あまり仲良くない人には、遠回りに断っても大丈夫です。「今回は遠慮します」と伝えればよいでしょう。

おわりに

誰もが「傷つけずに相手の誘いを断りたい」、と思っているはずです。今回紹介した方法を使って、相手もそこまで傷つけないような断り方をしましょう。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110125202009

本記事は、2011年01月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る