生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 国内でパスポートをなくしたときの対処法

国内でパスポートをなくしたときの対処法

2011年01月26日作成

 views

国内でパスポートをなくしてしまったら・・・。とても困りますよね。そんなときには、急いで古いパスポートを失効させる手続きをとらなければなりません。

今回は国内でパスポートをなくしたときの対処法を紹介します。

目次

パスポートを取ったところに連絡を取る

パスポートを取ったところに行き、紛失届を出す手続きをしなければなりません。紛失届を出せば、なくしたパスポートを失効させることができます。この際は、本人が窓口に行く必要があります。

また、持ち物として、お金、写真(4.5×3.5cm)、身分証明書(写真つき)、その他の書類が必要になってきますので、行く前にあらかじめ何が必要か確認するようにしましょう。

写真は規定の撮りかたがあるので、ご確認ください。

詳しくはこちらをご覧ください。これは東京都のものなので、自分がパスポートを取ったところの都道府県のパスポート申請のサイトをチェックするようにしてください。

東京都生活文化局|PASSPORT 国内で紛失焼失

電話で確認すること

失くした原因によって、持って行く書類が変わってきます。

火事や地震、洪水、震災による理由でなくなったときは、消防署か市町村で発行する罹災証明書が必要になります。

盗まれた、外で落としたなどのときは、警察に届出をして、書類をもらわないといけません。警察に行き、警察が発行する紛失の届出の証明書をもらって、持参します。

家の中でなくしてしまった場合は、パスポートを発給するところによって、提出が必要ないところも多いので、あらかじめ確認するようにしましょう。

新規申請をするとき

再発給ではなく、新規申請をする(その時点から、5年、あるいは10年のパスポートが取れます)ときは、戸籍謄本又は戸籍抄本ともう1枚パスポート用の写真が必要になります。

おわりに

以上です。なくしたと気付いたら、できるだけ早めに連絡し、届け出るようにしましょう。パスポートをなくしたことで動揺してしまうかもしれませんが、落ち着いて対処するように心がけます。

場所にも寄りますが、早ければ1週間から10日で新しいパスポートが手に入ります。

本記事は、2011年01月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る