生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ラクして1ヶ月の食費を12,500円にする方法(3-4人家族)

ラクして1ヶ月の食費を12,500円にする方法(3-4人家族)

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

つい最近まで、我が家(夫婦+7ヶ月赤ちゃん)の食費は、だいたい20,000円から25,000円ほどかかっていました。

毎週献立を決めて、決まったものしかスーパーに買いに行かない、という方法で無駄なものは買っていないつもりだったのですが、それでもだいたい週に3,500円から4,500円程度はかかっていました。

たまたま、「今週は全くメニュー決めてないんだけど買出しにいかないと……」ということがあったときに、びっくりするぐらい安く、それでいて1週間何にも困らなかった、ということがあって目からうろこの方法を発見してしまったのでご紹介します!

買いたいものを決めて買うのではなく、使う費用の上限を決めてしまって買い物をする、というのが基本です。

基本編

基本1:献立は決めない

今まで、献立を決めて、買うものをきっちり書き出してスーパーへ行き、無駄なものは買わない、というのが節約の基本だと思っていたのですが、実は大間違いでした。

献立に縛られるあまり、それそれの食材を高いタイミングで買ってしまう(底値を逃す)、というのが主な原因です。決めなくていいので、超ラクです!

基本2:買出しは1週間まとめてする

これは毎日スーパーにいくのが面倒というのが一番の理由なのですが、毎日いくと、お菓子などあまり必要がないものでも買ってしまいがちだから、です。

実践編

実践1:野菜を1,000円ほど買う

できるだけ野菜を安く大量に購入するのがポイントなので、私は八百屋とスーパーをわけて利用しています。

たまねぎ、にんじん、じゃがいも、ほうれん草や小松菜、トマト、きのこ類など、たくさん、緑黄色野菜を中心に買ってください。くだものを買う場合は1,200円くらいまで買ってもよいかもしれません。

実践2:7日間のたんぱく質を買う

肉2日、魚3日、卵や豆腐、ベーコンなどで対応してしまう日を2日、合計7日間のメインの料理のたんぱく源を購入します。

適当にスーパーに行った日に安くなっている魚などを買うとよいでしょう。

たんぱく源を買うときに、うっすら、調理方法と味付けを考えながら買うとよいかもしれません。

実践3:副菜用に海藻類と納豆を買う

なんでもよいのですが、海草類や納豆はパッケージされていて副菜として豆腐にかけたり、野菜とあえたりして出しやすいというのがあります。

実践4:その他、牛乳やヨーグルトなどを買う

各家庭によると思いますが、毎週食べるような食材も適当に買います。

たんぱく質、海草納豆類、毎週買っているもの、この3つをあわせて1,500円程度買います。

おわりに

あとは実際に調理するだけ!! たんぱく質を冷蔵庫からとりだし、あとは適当に購入した野菜をピックアップして調理します。

献立をまったく決めていない割りに、メインの料理の食材はたんぱく源でだいたいめぼしがついているため、 実際の調理にあまり困ることはありません。

また、量ですが、今現在、我が家はダンナと私のふたりなのですが(あとは赤ちゃんなので)、実際にもうひとり子どもがいても量としてはおそらくぜんぜん足りてしまいそうです。

もし前から食べたいものがある場合は、大体2,500円からその食材の購入費用を引いた程度でほかの食材を購入すれば大丈夫。
「だいたい」「テキトー」でOKです。きちんと食べたいものも食べちゃいましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140904184632 540834f8ebb5b

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る