\ フォローしてね /

家の鍵をなくしたときのための準備術

このライフレシピのもくじたたむ

家の鍵を失くしてしまうということがあります。どこかに忘れてきたり、知らないうちに落としてしまったりということがあると家に入れなくなってしまいます。

そうならないためにできるだけ早く準備しておきたいです。しっかり下準備ができていると安心して外出することができるようになります。そして、自宅の鍵をなくしたときの対処法も準備できます。

そこで、家の鍵をなくしたときのための準備術を紹介します。

やり方

STEP1:合鍵は4つ作っておく

一人暮らしだったとしても合鍵は4つくらい準備しておきたいです。部屋の中で失くしてしまうということもあるし、もしなくなったときでもそれを使えるので安心です。

また、ストラップをつけたり、キーケースにしまったりしておくと失くしにくくなります。まずできるだけ失くし難くすることが大切です。

必要な分だけ合鍵を作っておいたほうがいいです。

STEP2:秘密の隠し場所を作っておく

外出したときに失くしてしまっても部屋に入れるように、よくある植木鉢のしたや郵便受けなど自分だけしかわからないようなところに鍵を隠しておき、鍵を失くしても落ち着いて対処できるように準備しておきます。

窓を開ければ取れるようなところに秘密にして置いておくという方法もあります。

あまり簡単に取れるところではなく、自分でもすごく大変なところに置いておいたほうがいいでしょう。

外からでも開けられるように準備しておくといいです。

STEP3:近くの信頼できる人に預けておく

近所に住んでいる人で信頼できる人がいれば、そういう人にお願いして預かってもらうという方法もあります。

この場合は、なくしたときでもその人が仕事などから帰ってくるのを待っていれば、預けていた鍵で家を開けることができるので安心です。

おわりに

家の鍵の管理は防犯なども関係してくるのでなかなか難しいですが、失くすということも当然想定されるので注意して対処法を準備しておきたいです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。