生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 意外と忘れる、海外旅行に持って行きたい便利グッズ3選

意外と忘れる、海外旅行に持って行きたい便利グッズ3選

2011年01月26日作成

 views

現代は、海外旅行にもかなり安く、気軽に行けるようになりました。世界が一つになる日も、そう遠い未来のことではないかもしれませんね。

そんな海外旅行に行く際に、意外と忘れてしまうグッズをご紹介します。快適な旅行のために、荷造りのチェックを怠らないようにしましょう!

目次

耳栓

海外ではほとんどの国で、日本よりも騒音が多いものです。特に夜。しかし、現地の人々は、もうそのことにすっかり慣れっこになっていて、そのことを全く気にかけていません。

彼らの話す声のボリュームや街角の音楽等、昼間は全く気にならないことでも、夜になって「さあ寝よう」という時に、気になって仕方がないということが多いものです。

折角の楽しい旅の気分が、寝不足により台無しになることは珍しくないのです。また、その寝不足はかなりの疲労感につながり、抵抗力の低下、めまいなどを引き起こします。

そこで、筆者は、「耳栓」を持参することをオススメします。この「耳栓」は小さいので、場所を取ることもありません。しかし、長時間のフライトの際の安眠の為、また旅先のホテルで、大変役に立ちます。

最近では100円ショップで、かなりいい品質のものを購入することができます。

虫除けスプレーと蚊取り線香

特に、雨期に旅行する際に持参したいのが「虫除けスプレー」や「蚊取り線香」です。海外には雨期と乾期の2つの季節がある国があり、雨期は、雨が多く降ることから川や木々の水の量が多くなり、自然と蚊が多く発生します。

何故か日本人の血液はおいしいらしく、日本人はかなり高い確率で蚊にくわれてしまいます。

また、蚊は、暗い場所や黒っぽい色の服を好みます。ですから、長袖・長ズボンで明るい色の服を着て、蚊に刺されないように心がけましょう。

蚊にくわれてしまった場合のかゆみ止めに「ムヒ」や「キンカン」なども持参したいですね。

下痢止めの薬

意外に忘れてしまうのが、この「下痢止めの薬」です。海外の薬は多くの場合、日本の物よりも強いです。理由は、海外の人の体つきにあります。日本人よりも大柄な人が多いので、自然と多くの分量の薬を必要とします。

また、日本は海外から比べると、かなり衛生的です。例えば、日本のレストランに入ったら、必ずおしぼりが出てきますし、トイレには、ウォシュレットなんかがついています。

日本人は、いつも衛生的な環境にいるので、海外旅行先でちょっと食事しただけでも「下痢」になりやすいのです。下痢止めの薬はぜひ持参したいものです。

おわりに

これらの物は意外と忘れやすいので、海外旅行にはぜひ忘れないで持参したいですね。

もちろん、旅先でも購入できますが、日本製品ほどの品質の良さは求められません。

[nanapi:16382]
[nanapi:16399]

本記事は、2011年01月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る