生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 夢をかなえる手帳の使い方

夢をかなえる手帳の使い方

2011年01月26日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

手帳の使い方で、仕事の仕方やスケジュールの組み方が変わってきます。ただ、それだけではありません。手帳の使い方で夢をかなえることができるようにもなります。

今回は夢をかなえる手帳の使い方を紹介します。

手帳の最初のほうのページに夢を書く

手帳の最初のほうのページに、将来の夢でもいいですし、今年実現させたいことでもいいので、大きく目立つように書きます。

手帳を開いたときに必ず目に入るようなところに書くようにしましょう。よく目に入ることで、潜在意識にも働きかけ、夢ではなく、達成させるための強い意志に変わってきます。

ポイントは、1日に何回も手帳をあけて、そのページを見ることです。

夢を実現するには何が必要か考える

上が大きい夢、目標なら、今度は小さい目標を考えて、具体的な行動例を考えます。

例えば、資格試験に合格するが夢だったら、毎日1時間勉強する、模擬試験を受ける、この期間にここまで覚える、このような小さい目標をいくつか考えます。

こちらも手帳に書いていき、項目の右側が空けておきましょう。小さい目標が達成されたら、その都度そこにチェックをしていきます。段階を追って、夢に近づいているのは、とても励みになります。

夢を実現するまでのプランを考える

最後に、夢を実現するまでのプランを考えて、実際に手帳に書き込んでいきます。

上で書いた資格試験の例なら、試験日のところに、簡単に解けて合格!と書き込みます。次に、模試の日のところに、よく分かった、とか、この時期にはこのレベルにいくと決めたら、それをだいたいの時期に記入します。

大きい夢を実現させる日を決めて、そこから逆算して、いつまでに何をやっていかないといけないかを細かく決めて、手帳に書きこんでいきます。ここのポイントは、この日までこうなる!と断定で書くことです。

おわりに

思っているだけではなかなか実行・実現しませんが、実際に書いて、何度も目に入れることで、自ら動こうという気になります。夢に近づくための具体的なプランを考えるだけでも、夢の実現のためには必ず役に立ちます。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/08/12-026194.php?category=29)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110125230442

本記事は、2011年01月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る