\ フォローしてね /

雛人形の正しい並べ方

このライフレシピのもくじたたむ

3月3日のひな祭り。女のお子さんがいらっしゃるご家庭なんかは特に雛人形飾りたいですよね。

でも、「久しぶりに出したひな人形の並べ方が解らない…」こんなことが毎年繰り返されるのもまた事実。

今回はそんな皆さん必見!一緒にひな人形の並べ方復習していきましょう。

ひな人形の並べ方

多段飾り最上段・木目込み雛・衣装着雛:お内裏様

お内裏様は、関東では一般的に図のように向かって左に男雛、右に女雛が来るように並べます。木目込み雛も衣装着雛も並べ方は同様ですが、地方により逆に並べる場合もあります。

衣装着雛人形の場合、向かって左奥に橘の木、右奥に桜の木を置きます。

多段飾り上から二段目:三人官女

三人官女は、向かって左から、加えの銚子(提子)、三方または島台、長柄の銚子の順に並べます。

真ん中の官女は座っており、両側の立ち姿の官女は足を見ればどちら側に置いたらいいかわかると思います。

多段飾り上から三段目:五人囃子

五人囃子は、左から太鼓、大鼓(おおかわ)、小鼓(こかわ)、笛、謡の順です。音の大きい鳴りものの順に左から並べます。

五人囃子の代わりに五楽人、七楽人といった雅楽を奏でる楽人の場合もあります。

多段飾り上から四段目:隋臣

隋臣は、向かって左に右大臣(若人)、右に左大臣(翁)です。

多段飾り上から五段目:仕丁(衛士・三人上戸)

仕丁は、向かって左から、台笠、沓台、立傘の順に並べます。

多段飾り上から六段目:嫁入り道具

嫁入り道具は並べ方は決まっていないようです。箪笥、鋏箱、長持、鏡台、針箱、火鉢、茶の湯道具を見栄えの良いように並べるといいと思います。

多段飾り上から七段目:御駕籠、重箱、御所車

こちらも飾り方に決まりは無いようなので見栄えの良いように飾りましょう。

おわりに

今年のひな祭りにお役立てください。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。