生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 女性にメールを送る際に気をつけたいこと

女性にメールを送る際に気をつけたいこと

2011年01月25日作成

 views

女性にメールを送る際、何も考えずに必要事項だけを送ると、「そっけない」なんて言われてしまったこと、ありませんか?

特に気になる女性や、これから仲良くなっていきたいと思っている女性に対してメールを送る際には、好感を持ってもらえるようなメールを送るよう、気をつけなければなりません。

女性へのメールでしてはいけないこと

そっけない

女性からのメールに対して、「は~い」とか、「了解」とか、それだけの返信をしていると、「なんてそっけないんだろう。メールがめんどくさいのかな?」と感じてしまいます。

せめて、絵文字を付けるなど、こちらの感情を読み取れるような工夫をしましょう。笑顔の絵文字や、ピースサインなどが入っていれば、女性が返信を受け取ったときの感じ方が全く違います。

また、女性が長文でくれたメールに対しては、できるだけ親身な返事をしましょう。せっかく長文で送ったのに、そっけない返事だと、女性は空しくなり、メールをする気がなくなってしまいますよ。

絵文字・デコメの使いすぎ

絵文字やデコメは、こちらの気持ちを伝えやすく、使いようによっては女性受けも大変良いものです。

ですが、毎回、デコメでコテコテのメールを送ると、「女の子みたいで、キモイ・・・」なんて思われてしまう可能性もあります。

絵文字は、語尾に一つで充分です。デコメは、できればデコメ絵文字だけを普段使うようにして、テンプレートやデコメ画像は控えましょう。

普段、凝ったデコメを使わないようにすると、誕生日などに凝ったデコメを使ってメールを送れば、ギャップで女性の心を掴むことができますよ。

女性へのメールで最低限すべきこと

一言添える

例えば、女性から、「今日、楽しかったね。ありがとう。」というメールがきたら、「は~い。」と一言で返信するのはやめて、「僕も楽しかった。ありがとう。また遊びたいね。」と、一言添えるようにしましょう。

一言添えるだけで、相手の顔や声が分からないメールでも、こちらの気持ちがしっかり伝わりますし、「なんて感じの良い人なんだろう」と感じるでしょう。

言葉遣い

方言丸出しで普段話している人が、メールになると突然標準語になったり、親しい間柄なのに敬語でメールをしてくると、なんだか違和感がありますよね。

言葉遣いは、相手に伝わりやすい範囲内で、普段と変わらない言葉にしましょう。

おわりに

メールは、男性にとっては面倒なものなのかもしれません。ですが、女性と仲良くなるために、とても便利なツールでもあります。

文字だからこそ伝えられる言葉もありますし、文字だけだから勘違いしてしまうこともあります。

面倒だと思わずに、自分の精一杯の気持ちを、しっかり文字や絵文字で表現するようにすれば、女性も好感を持ってくれますよ。

本記事は、2011年01月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る