生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 食器洗いの無駄を省いて節水するコツ

食器洗いの無駄を省いて節水するコツ

2011年01月25日作成

 views

お気に入り

毎日食器洗いするのには、多くの水の量が必要になります。そこで、当記事では、食器洗いの無駄を省いて節水するコツについて解説します。

つけおきする

食器の頑固な汚れは、洗い流そうとしても、なかなか落ちるものではありません。ただの水につけるのではなく、洗剤を少し垂らしておくと、より効果的です。

この方法は、「食後すぐに満腹状態で食器洗いをするには面倒くさい」というズボラさんにもお勧めです。最近は、使うときだけ広げて、普段は畳んで保管できる省スペースの便利な洗い桶があります。

食器に汚れがこびりついている場合には、無理に洗い流そうとせず、水につけおいて汚れを浮かすようにしましょう。

油汚れは拭き取る

食器の汚れのなかでも、特に厄介なのは油汚れ。どんなに洗ってもヌルヌルして、なかなか汚れが落ちません。

また、頑固な油汚れを無理に洗い流そうとすると、スポンジのほうが油まみれになってしまうことがよくあります。油汚れについては、水で洗う前に紙で軽く拭きとると効率的です。

油汚れを拭き取るための紙がもったいないというのであれば、新聞紙を使ってみてはいかがでしょう。新聞紙は油をよく吸うので大変便利です。

洗剤をつけすぎない

食器を洗うのに、常に洗剤を使っていませんか?洗剤は、水だけでは落ちにくい汚れにだけ使えば十分です。洗剤を使わないと何となく落ち着かないという人もいるでしょうが、例えば、水やお茶を飲んだだけのコップにまで洗剤を使うのは無駄ではないでしょうか。

洗剤そのものが無駄になるだけでなく、洗剤の泡などを落とすのに、水をたくさん使うので、水の無駄にもなります。どうしても気になる人は泡切れのいい石鹸洗剤を使ったり、水だけでよく落ちるスポンジなどを使ってみるといいかもしれません。

本当に洗剤が必要な場合だけ洗剤を使うようにすると、水道代の節約になります。

工夫しながら節水にチャレンジしてみよう!

食器洗いの無駄を省いて節水するコツについてご理解いただけたでしょうか。当記事が、あなたの節約生活のヒントになれば幸いです。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110125150916

本記事は、2011年01月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る