生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 賢くお得な生命保険を選ぶコツ

賢くお得な生命保険を選ぶコツ

2011年01月25日作成

 views

お気に入り

はじめに

人生の中で、高い買い物、保険。

保険は、一定金額を、一生払い続けなければならない、高い買い物です。ですから、良い条件の保険をしっかりと見極めて、長くお付き合いしたいもの。

また、今は不景気なので、保険のような目に見えない買い物にはなかなかお金を払いたくありませんよね。

そこで、今回は、一生払い続けても決して損はしない、お得な保険を選ぶコツ、比較するポイントについてご紹介します。

賢くお得な生命保険を選ぶコツ

知っておきたい保険の種類と基礎知識

生命保険の種類は、主に、定期保険、終身保険、養老保険の3つです。(主契約)

他には、こんな種類があります。

  • 医療保険
  • 三大疾病保障保険
  • 収入保障保険
  • 個人年金保険
  • ガン保険
  • 変額保険

主契約(定期保険、終身保険、養老保険)の他に、特約があり、この特約のほうは、各生保会社でたくさんの種類を用意しています。

基本的には、主契約では保障できない部分を特約で補填するという、いわば特注部分になります。それぞれのお客様ごとのオーダーメイドのような形になりますので、ここには、書ききれない程の種類になります。

生命保険を選ぶコツ

まずは、保険料と保険金の違いを見てみましょう。

  • 保険料とは、月々支払うお金(年払いや一括払いあり)
  • 保険金とは、死亡保険金
  • 給付金とは、入院やけが、手術などによって一時的に支払われるお金

まず、生命保険を選ぶ際には、何が自分に必要であるかを考える必要があります。

自分が死亡した後、家族の保障をしたいのか、入院した場合に備えたいのか、また、死亡後の税金対策として加入したいのか。人によって、保険のニーズが異なるでしょう。まずは、そこを第一に考えます。

また、支払う保険料のことも考える必要があります。毎月、少額の支払いならば、当然、保障は小さくなります。多額に支払う場合は、保障は大きくなります。

まとまった資金ができれば、前納したり、一時払いしたりすることも可能です。前納すると、保険料が少しお得になります。

このように、生命保険を選ぶコツは、まず、ライフスタイルを見直すことです。

比較するポイント

例えば、がん保険を例に挙げると、「保険料は安いが、入院日数の上限が60日のみ」とか「保険料は高いが、保障内容が手厚い」など、保険には色々な種類があります。

よって、保険選びの際は、いくつかの保険の内容や保険金、保険料をしっかりと比較してから加入を決める必要があります。

しかし、それを個人で調べ上げるのは、並大抵のことではありません。そこで、自分に合った生命保険を選択する為に、ファイナンシャルプランナーや、保険代理店、生命保険比較のサイトなどを参考にして選ぶと良いでしょう。

おわりに

ご自分のライフスタイルに合った、いい保険を選びたいですね。

本記事は、2011年01月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る