生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 離婚をお知らせする方法3パターン~女性編

離婚をお知らせする方法3パターン~女性編

2013年02月05日更新

 views

お気に入り

はじめに

離婚をお知らせするというのは、気まずいような恥ずかしいような……複雑な思いがあるでしょう。そのお知らせを受け取る側も気を使ってしまいがち。そこで、3つのパターンに分けて、方法を紹介したいと思います。

離婚をお知らせする「メール」「ハガキ」「口頭」

お知らせするにあたっての方法は3種類。「メール」、「ハガキ」そして「口頭」です。当たり前の方法だとお思いでしょうが、使い分けることは大切。自分の中での気持ちの整理にもつながりますから、離婚後のお知らせは段階を踏んで行いましょう。

メールでのお知らせ

これは親しい友人や普段からメールをやり取りする友人だけにとどめておきましょう。明るすぎる文面は、相手に気を使わせてしまいます。ある程度真面目に離婚のお知らせを記してください。ただ、親しい友人でお相手が独身者なら「今度合コン誘ってね!」など気軽な一文を添えてもいいですね。

ハガキでお知らせ

「離婚しました」ハガキはさすがに出せませんが、あなたが引っ越した場合などは「引っ越しました」ハガキに、一筆手書きで、「実は離婚しました」という一文を付け加えておくと良いでしょう。また、旧姓に戻る場合は、年賀状を出す際に旧姓で出し、一文を手書きで添えてください。

口頭でお知らせ

会社の上司へは必ず口頭で知らせましょう。離婚については切り出しに規ことですが、旧姓に戻す場合でも今の姓のまま仕事をする場合でも、「姓」をテーマにすれば話しやすいかもしれません。

また、友人や会社の知人などには、食事会の際などに「実は離婚しちゃったんです」と切り出せばいいですね。

おわりに

結婚式へ出て下さった方や、日頃からお世話になっていた方には、お知らせするのが礼儀ともいえるでしょう。不義理をしたお詫びに、すくなくともちゃんとした形でお知らせするのが大人というものです。

ぜひ実践してみてください!

この記事で使われている画像一覧

  • 20110125154343
  • 20110125154512

本記事は、2013年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る