生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 郵便局?宅配便会社?ものを配送する方法まとめ

郵便局?宅配便会社?ものを配送する方法まとめ

2011年01月25日作成

 views

学校への入学願書や新入社員の入社手続き書類など、春先は重要書類を送ることが増える季節です。

ここでは、重要書類を郵送するにはどうすれば良いのか、どのような方法があるのかまとめてみました。

郵便局を利用する

重要書類を郵送する時は、必ず書留で送らなくてはなりません。普通郵便には何の保障もないからです。

書留郵便の出し方

書留便は必ず郵便局の窓口から出します。ポストに突っ込んではいけません。

一般書留で送る

書留には「一般書留」「簡易書留」の2種類があります。主な違いは以下のような事です。

  • 一般書留

郵便事故が起きた場合の損害要償額500万まで。「郵便追跡サービス」の記録が細かい。

  • 簡易書留

郵便事故が起きた場合の損害賠償額5万円まで。「郵便追跡サービス」の記録は3地点。 一般書留よりも郵便料金が安い。

重要書類は、「郵便追跡サービス」の記録地点が多い一般書留で送った方が安心です。
  • 書留郵便の料金表

「郵便追跡サービス」とは

窓口で書留の郵送を依頼すると、郵便物にバーコードが貼られます。このバーコードが郵便物の認識番号になり、この番号を元にネットから「出した郵便物が今どこにあるのか」調べる事が出来ます。

書留を送ると、このような控えを貰うことが出来ます。この番号を「郵便物個別番号検索」の検索窓に打ち込みます。

検索結果がこのように出てきます。

特定記録郵便と書留の違い

重要書類を送る際に、「特定記録郵便」を使うと言うやり方もあります。特定記録郵便書留の大きな違いは、書類が直接相手方に手渡されるか手渡されないか、です。

他に、日祝日の配達は行っていないこと。損害賠償が一切ない事、が挙げられます。

例えば、相手方の受け先が私書箱だった場合は、書留でも直接人に手渡すという事はないので、「特定記録郵便」でも同じことだと言えましょう。「特定記録郵便」でも「郵便追跡サービス」は使えます。

入試願書の郵送の場合は、各学校から願書送付用に付いている封筒に「一般書留」「簡易書留」など印刷されているのが普通です。安心して書かれているままの方法で郵送して下さい。

宅配便会社を利用する

あまり馴染みのない話かも知れませんが、宅配便会社でも重要書類の配送を行っています。

メール便や宅配便は使えない

メール便には何の補償もありません。配達員はパートやアルバイトの事が多く、誤配も有りえます。また、メール便は原則ポストインです。相手方の手に直接渡してもらえる補償はありません。

「宅配便ならば、相手に直接手渡されるから安心ではないか」、と考える方もいらっしゃるかも知れません。しかし、宅配便では書類や手紙は送ってはいけない規則になっています。

航空便プロテクトサポート

「ヤマトグローバルエクスプレス株式会社」で取り扱われている重要書類配送サービスです。

ただ配送システムに乗せると言うことではなく、人によるチェックが入ると言う点で安心感があります。

GPSを使って荷物の現在地を監視してくれるというのも素晴らしいですね。最重要書類は、これからの時代はこのような形で送るのが一番安心かも知れません。

おわりに

会社組織とは違い、一般の家庭で重要書類を出すことなど何年かに1度しかありません。そのような時が来たら、戸惑わずに郵送できるように、ご参考にしていただければ幸いです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110125131210
  • 20110125150114
  • 20110125133344
  • 20110125133535
  • 20110125134159
  • 20110125134501
  • 20110125135242
  • 20110125140851
  • 20110125141251
  • 20110125141845
  • 20110125142022

本記事は、2011年01月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る