生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 夫婦で協力して家計管理をするコツ

夫婦で協力して家計管理をするコツ

2011年01月24日作成

 views

お気に入り

はじめに

不景気が長引いているので、夫婦で共働きをしていても月々の収入が減っていき以前ほど自由に使えるお金が少なくなっているかもしれません。また、何かの目標を立てて貯金を始める計画がある時などには節約を心がけるでしょう。

それで今回は、夫婦で協力して上手な家計管理をするための具体的なコツをご紹介します。

夫婦で協力して上手に家計を管理するコツ

お互いの月収・貯蓄を把握しておく

基本的なことですが、まずは夫婦がお互いの月収(年収)と貯蓄を必ず把握しておきましょう。なぜならそれに応じてどの口座から何を引き落とすかを決めていく必要があるからです。

普段の生活費を引き落とす口座と別に定額預金などがある場合でも必ず把握しておき、いざという時に使えるお金がどれほどあるかを夫婦双方が理解しておきましょう。

収入をもとに予算を決める

次のポイントとして、収入をもとに二人で一緒に予算を決めましょう。どちらか一人だけが全体を管理するというより、何でも二人で一緒に決定することをおすすめします。

なぜかというと夫婦のどちらかだけが一生懸命節約していても、もう一人が無駄遣いして浪費していたら家計はそのうちさらに苦しくなってしまうからです。

出費の記録をきちんとつけるようにしましょう。家計簿を買ったりパソコンのサイトやスマートフォンのアプリなどを利用すれば管理しやすくなります。使いやすいiPhoneアプリに関しては楽々お弁当レシ!漬けて焼くだけの鶏肉の炒めものの作り方を参考になさってください。

クレジットカードの明細をチェックする

クレジットカードは支払いと請求の時期が少しずれる場合が多いので、二人ともお互いが持っているクレジットカードの締め日と決済日をきちんと把握しておきましょう。

決済日が近付くとカード会社から明細書が郵送されてきたりメールで通知が来ますので、必ず二人で明細をチェックし「来月は○○を節約できるね」とか「今月は○○が予定外の出費だったね」などと具体的に話し合っておきましょう。

おわりに

外食費や交際費が多くなり過ぎると家計を圧迫してしまいますが、時期によっては重なる場合もあります。融通を利かせて予算を決めるようにすれば必要以上のストレスを抱えずに済むでしょう。ぜひ夫婦で力を合わせて頑張ってください。

本記事は、2011年01月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る