生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 冬の電気代を節約する方法

冬の電気代を節約する方法

2011年01月24日作成

 views

はじめに

寒い冬は、暖房や湯沸かし等で電気代がかさむもの。夏に比べて2倍、3倍の請求が来てびっくりしたという方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では冬の電気代を節約する方法をご紹介します。

冬の電気代を節約する方法

カーテンをきちんと閉める

せっかく部屋を暖めても、カーテンを閉めていないと窓から冷気がはいって来てしまいます。隙間風もそうですが、それよりも窓ガラス自体が部屋の空気を冷やします。

冬の寒い日に窓ガラスを触ると、部屋は暖かくても冷たく感じますよね。そのガラスが、部屋の温度を下げるのです。

暖房は、設定した温度になるまで頑張って部屋を暖めようとしますので、部屋の中に温度を下げる原因があると、とても効率が悪くなります。

そこでカーテンをきちんと閉めると、窓ガラスと室内の間にカーテンという層ができるので、ガラスが室温を下げるのを防ぐことができます。

ただし、昼間の日光が入る間は、日光も部屋をあたためますので、カーテンをあけておいても大丈夫です。

カーテンを閉め、外の空気や窓ガラスが部屋を冷やすのを防ぎましょう。

サーキュレーターを使う

サーキュレーターとは、扇風機のようなものです。これは、部屋の中の空気を循環させるために使います。

特にエアコンの暖房を使っている場合、暖かい空気は上昇するので、なかなか部屋全体を暖めることはできません。そんな時にこのサーキュレーターを使います。

これを使えば、強制的に空気を循環させ、撹拌することができるので、効率よく部屋を暖めることができます。一見、暖房に加えて使うと電気代が高くなりそうですが、実際は節約になります。

このサーキュレーター、実は冬の暖房時だけではなく、夏の冷房時にも電気代を節約してくれる優れものです。普通の扇風機でも代用できます。

サーキュレーターを利用して、室内の空気を循環させましょう。

おわりに

今回ご紹介した2つの方法は、基本的なことですが、意外と基本的なことが大きな節約につながるものです。

是非、この方法を試してみて、暖かい冬をお過ごしください。

本記事は、2011年01月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る