生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 抹茶の正しいいただき方

抹茶の正しいいただき方

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

ここでは、抹茶の正しいいただき方についてご紹介します。

お茶席や茶会席料理で

抹茶は、お茶会ではもちろん、茶懐石料理でもデザートと一緒に出てきます。

薄茶と濃茶

薄茶

ふんわり泡だてて一煎ずつ振る舞うものが「薄茶」です。私たちが普段、口にする機会が多いのは、この薄茶のほうです。

濃茶

練るようにしっかり点てて、全員で回し飲みするのが「濃茶」です。

薄茶のいただき方

STEP1

右手で茶碗を持ち上げ、左手で底を支えます。

STEP2

右手を引くようにして時計回りに茶碗を回します。正面が左真横に来る程度まで2、3回、回しましょう。

STEP3

3回ぐらいに分けて、飲み干します。最後は音を立てて吸ってもOKです。

STEP4

飲み終えたら、右手の親指と人差し指で、口をつけた部分をぬぐいます。

STEP5

茶碗を逆に回して正面を自分側に戻し、右手で静かに置きます。

STEP6

ぬぐった指先は懐紙でふきましょう。懐紙がない場合はティッシュで代用します。

和菓子のいただき方

取り方

大皿に盛られて回ってきたら、自分の前に懐紙を置き、ひとつ取って次の人に回しましょう。懐紙は、二つ折りにして輪のほうを自分に向けましょう。

食べ方

懐紙を胸の位置まで持ち上げて、食べます。生菓子の場合は楊枝で食べやすい大きさに切って食べましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100406142342

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る