生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 通知状、案内状の書き方

通知状、案内状の書き方

2013年01月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

ここでは、一般的な通知状・案内状の書き方についてご紹介します。

通知状・案内状を書くときは

情報を正しく

通知状や案内状の場合は、情報を正しく伝えることが第一になります。あとはそれぞれの目的に合わせて、わかりやすい文面にまとめましょう。

転居や住所表示の変更

転居や住所表示の変更などを知らせる場合は、大事な情報がきちんと伝わるように簡潔にまとめましょう。

内容がひと目でわかるように、最初に「転居のお知らせ」「住所表示が変わりました」などのタイトルをいれるのも良いでしょう。

結婚、転勤、退職のお知らせ

結婚、転勤、退職などを通知する場合は、ただ情報を伝えるだけでなく、これまでお世話になったお礼や今後のあいさつなども入れるのが一般的です。

案内状の場合

案内状の場合は、読み手が参加したくなるような内容を盛り込むのがポイントです。クラス会なら「○○先生も遠路はるばるご出席くださいます」、新築祝いなら「手料理と地酒を用意してお待ちしています」など、興味をひくような文面をいれると良いでしょう。

日時や場所については、見やすいように、最後に「記」としまとめましょう。

同窓会の案内状例文

関連レシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20100324121630

本記事は、2013年01月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る