\ フォローしてね /

コートやセーターなどの冬物衣料の洗濯方法

冬場に着る服はどうしても場所をとりがちです。うまく保存して、来年の冬もまたうまく着こなしましょう。

コートを洗濯するこつ

化学繊維の綿入りコート(ナイロン)は、静電気で汚れが付着しやすいものです。この場合、まずは汚れた部分を丁寧に揉み解すことから始めましょう。

コートは襟、袖、前立て、ポケットなどの縁がすぐに黒ずんでしまいます。そのため、まずはこれらの部分を丁寧に揉み解し、中性洗剤をゆっくり丁寧につけ、そのあと5分ほど放置します。

そのあと、洗濯ブラシで優しくこすってください。このとき、こすり忘れがない要注意してください。

次に洗濯機に適量の水と中性洗剤をいれ、そのなかにコートを15分漬け込みます。洗濯機の「手洗いコース」をつかってキレイに仕上がります。
脱水が終わったら、干します。

すぐに干すのではなく、まずは軽くたたんでおいてからハンガーにかけて陰干してください。こうすることで脱水ジワを防ぐことができます。

ウールのセーターを縮まないように洗うコツ

まず、手洗いが原則です。少し擦れただけでも傷が付いてしまうからです。
浸け置き洗いをし、襟や袖口の部分のよごれはつまみ洗いをします。すべてぬるま湯で行ってください。

すすぎだけ水、などと手を抜いてしまうと、それだけで縮みや痛みが出やすくなります。

洗濯機で洗うなら、ソフト洗いやドライ洗いでネットに入れて洗います。他の衣類との擦れを軽減する目の細かいネットを選び、きちんとたたんで入れ、水温設定を手洗いのときと同じようにぬるま湯にしてください。

縮みが心配なら、洗ったあとが重要になります。干すときには「平干し」で「陰干し」が基本です。「セーター干し用ネット」という便利なものもあるのです。

しかし、ない場合はタオル用物干し台に置いたり、お風呂のふたの上に置き、数時間後とに裏返すのもよいでしょう。干したときの型崩れを防ぎたいので、直射日光はくれぐれも避けて干しましょう。

おわりに

コートやセーターなどの冬物は、非常にデリケートなものです。自分で洗うのが不安な場合は、クリーニングに出すようにしましょう。失敗したら戻すことはできませんので・・・。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。