\ フォローしてね /

楽しい「こども&シャボン玉」写真を撮るコツ

まるくてふわふわで七色に光るシャボン玉。

写真を幻想的に見せてくれたり、こどもの笑顔を引き出してくれたりと「こども×写真」にとっての強い味方です。

そこでシャボン玉を使ったこども写真の撮り方をご紹介します。

本記事は、kodomocameraのご協力により、2010年に執筆されたものです。

オススメはスタンダードなシャボン玉

いろいろな種類のシャボン玉がありますが、一番のオススメはスタンダードなタイプ。吹く強さを調整しやすく、いろいろな大きさのシャボン玉を作ることができます。

また、自分の息を使ってシャボン玉を作るから「できた!!」という達成感を得やすいのも特徴です。

ちょっと頑張って準備して、体と同じくらい大きなシャボン玉を作れる道具を用意したりと、いろいろな楽しみ方もできます。

横顔はナナメ45度

こどもが自分でやってみるのもいいですが、ママやパパがシャボン玉を作ってみせても、こどもたちは喜びます。

そのとき大切なのが「シャボン玉」と「こども」の絡みではなく、「パパママ」と「こども」の遊びにすること。

具体的には「よーし、吹くぞ~」「できるかな?」「できた!できた!」「すごいね~~~」と声をかけてあげながら、リアクションをとってあげることです。

そうすることで、こどもも「これは遊びなんだ」と感じ、パパママの笑顔につられて笑い出します。

シャボン玉の吹き口をこどもが見たときに、カメラから見て「ナナメ45度」くらいを向いているのが、夢中になっている横顔をキラキラに撮るポイント。

横を向きすぎてしまうと、白目になっちゃたり、表情がわかりにくくなったりしてしまうので注意しましょう!

シャボン玉でいっぱいの写真を撮ってみよう

こどもがシャボン玉で遊んでいるときに、写真の中をキラキラでいっぱいにするには、パパママの援護が重要です。

アップで撮影するときは、こどものホントにすぐ近くにシャボン玉が来ないと、こどもとシャボン玉をいっしょに写すことはできません。

かといって、近くにたくさん作ろうとして、顔の前にいっぱいシャボン玉が来てしまうと、顔が隠れてしまったり、ピントがシャボン玉に合ってしまったりします。

オススメなのは、背景の側にたくさん飛ばすこと。これならたくさん作っても顔が隠れません。

小さいのをたくさん作るよりは、大きいのをいくつか作る方がよいです。大きいのを作るために、ゆっくり息を吹いてみましょう。

(text & photo by Ai Nakamura)
(イラスト by にしだたまみ)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。