生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 言葉とは裏腹?女性の気持ちを理解するポイント

言葉とは裏腹?女性の気持ちを理解するポイント

2011年01月24日作成

 views

彼女が何を考えているのかわからない、なんでそこで怒るかわからない……、そんないまひとつ彼女の気持ちがわからず怒らせてしまった貴方、女性の心はとても難しいものです。

彼氏に嫌われたくない、仲良くしたいからこそ、淋しさをおしころし、本音と裏腹に行動していることが多いです。言わなければ、行動しなければ伝わらない生き物です。

是非、下のポイントをつかんで彼女を怒らせないようにしてください。

女性の気持ちを理解するポイント

ポイント1: 女は意外と根に持ち続けるもの

「大丈夫、大丈夫、過去のことだから」。こんなセリフをよく言う彼女には気を付けましょう。本当は気にしています。

本当に過去の嫌なことを消去、解決できているのであれば、おそらく口に出しません。女性は、そんな過去の傷を普段心の奥にしまって上書きのように生活を楽しむようにこころがけているんです。

女性は強いんですね、そんなところは。だけど新たに喧嘩をしたときなどに、男性は過去のこととは別件のことだと考えていたら、大間違い。

ぶり返してきます。喧嘩の内容な違えといえども、「ずっと我慢してだまってたけど、あのときも〜だったじゃない!」と一気に今までのおしこめていた怒りも出してきます。

なので、男性は心して「もうあのことは解決したし」と思わず、まだあのときの傷もあるから、と思って優しく行動言動には気を付けましょう。

男性が過去と思って気にしていないこと、女性は本当は気にしています。

ポイント2:そのとき、その場で恥ずかしがらずにあともう1段階、行動、言葉で伝える

男性はよく、恥ずかしいセリフや本音は黙っていたいですよね。ですが、女性は男性より言葉と行動を大事にしています。

ちょっとしたことで言い合いになり、とりあえず仲直りをしたから、人前でもあったし普通をよそおってスタスタと1人で歩きはじめたら、なぜかまた彼女がキレた。

そんな経験ありませんか?

「もう仲直りしたし、なんで……?」と思うかもしれませんが、女性の気持ちはデリケート。仲直りのあとに、なんらかの言葉や行動で貴方からの愛を確認したいのです。

女性は男性と違って確認したい生き物。恥ずかしがらずに、最後の行動、言葉で愛を伝えることが大事です。

おわりに

強く見える人でも女性は基本、寂しがり屋で甘えたい気持ちがあるもの。そして、常に愛されているかを知っておきたいんです。それが、普段の生活の原動力にもなり、元気に楽しく過ごせるんです。

めんどくさい、そう思わずに「心理学を勉強しているんだ」と思って、愛する彼女の気持ちに気をつけて仲良く付き合ってくださいね♪

本記事は、2011年01月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る