生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 意中の人に上手にアプローチする方法

意中の人に上手にアプローチする方法

2011年01月24日作成

 views

はじめに

好きな人ができると、気持ちを早く伝えたいという思いと振られたらどうしようという思いの間で葛藤が始まります。急いでアプローチし過ぎてびっくりされるのも嫌ですよね。

そこで今回は男性でも女性でもできる、自分の意中の人に上手に自分の気持ちを伝えるための方法とコツを具体的にご紹介します。

好きな人との距離を上手に縮めるコツ

まずは観察する

一目ぼれや1~2回会ったことのあるだけの人を好きになった場合は、実際にアプローチする前にまず相手を観察することから始めてみましょう。

相手のことをよく知らないのに「理想の人だ」と決めつけて妄想するのは絶対にNGです。普段の言動や他の人への接し方などを知るようにしましょう。

友達などに協力してもらって、何人かで一緒に遊びに行ったり食事に行ったりすれば、自然に相手を観察したり話したりできるでしょう。

話し方に注意する

もしかしたら相手もあなたのことを観察しているかもしれません。二人で話すチャンスが訪れた時に自分のことばかり話し続けてしまうと「自己中心的な人だ」という印象を与えてしまうので要注意です。

相手のことをよく知りたいという気持ちをさりげなく表すために、相手の話をよく聞いて質問することをおすすめします。そうすれば相手も安心していろいろと話してくれるでしょう。

相手によく思われようとして心にもないお世辞を言ったり、自分の気持ちとは違うのに相手が喜びそうな返事をしないようにしましょう。相手はすぐにあなたの心を見破るはずです。

リアクションがない場合

さりげなく努力しても相手のリアクションがほとんどないようであれば、相手があなたを恋愛の対象としては見ていないことの表れなのかもしれません。

もし相手にもその気がありそうで自分が少しアピールすれば反応すると思える時でも、告白にはリスクが伴います。いきなり「好きです」というよりも「自分に好意を持ってくれているようで嬉しい」という気持ちを伝えるほうがよいでしょう。

感情に任せて告白しても完全な片思いだったとしたら、相手は驚きますし二人の間には気まずさしか残らないでしょう。何をいつ言うかしっかり考えましょう。

おわりに

言葉よりも誠実な気持ちや心のほうが相手にはっきり伝わるはずです。急がず焦らず、まずはよく知り合うところから始めて、少しずつさりげなくあなたの思いを伝えるようにしてみてくださいね。

本記事は、2011年01月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る