生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 答えたくない質問を上手くかわすコツ

答えたくない質問を上手くかわすコツ

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

家族の仕事内容や、収入・貯金などのお金のことなど、あまり人に話したくないんだけど・・・ということってありませんか?

でもそういう空気を察しないで、しつこく聞いてくる人もいますよね。そんな時、うまくかわして答えずに済む方法、コツをご紹介します。

ポイント1:よくわからないと言い張る

たとえば「○○さんのご主人ってどんなお仕事してるの?」と聞かれても、「○○関係みたい、よくわからないけど」

「ぶっちゃけ貯金ってどのくらい?」と聞かれても、「主人が管理してるからよくわからないの」

とにかく自分はよく知らない、わからないと言い張ってしまえば、それ以上突っ込まれても答える必要がないので楽です。

ポイント2:謙遜でごまかす

「ご主人の会社ってどちらなの?」と聞かれたら「誰も知らないような小さなところだから、お恥ずかしくって」

「収入ってどれくらい?」と聞かれても「もう全然大したことなくて、恥ずかしくて言えないわ」

「恥ずかしくてとてもとても」と頭を下げる人に対してそれ以上突っ込むのもためらわれるもの。

万が一「でも○○くらいはもらってるんでしょ?」などと食い下がられても、「恥ずかしくて」を貫き通しましょう。

ポイント3:一般論でごまかす

「貯金はどれくらいあるの?」と聞かれたら、「今って貯金額が減ってるんだってね、○歳で平均○○万円くらいらしいよ。うちはそんなにないけどね」

自分の話から一般論にすり替えることで、その場の話の流れを変えてしまいましょう。

ポイント4:他の人の話にすり替える

「お給料ってどのくらいなの?」と聞かれたら「○○さんのところはすごく貰ってるらしいよ、いいよねぇ。うちは全然」

「ご主人の会社ってどちらなの?」と聞かれたら「そういえば○○さんのところは大手の○○なんだってね、うちは全然小さなところよ。」

自分のことよりも上のランクのお宅を話題に出すことで、話をすり替えやすくなります。

引き合いに出されたお宅は不快に思うこともありますので、注意しましょう。

ポイント5:質問返し

「ご主人はどんなお仕事なの?」と聞かれたら、「○○さんのところは?」

「貯金ってどのくらいあるの?」と聞かれたら「○○さんのお宅はたくさんあるんでしょ?」

こういった突っ込んだ質問をする人は、自分も聞かれたくて聞いている場合もあります。質問返しをして、語らせてあげることで、満足する場合もあります。

わたしも言ったんだから言ってよ!と食い下がられる場合もあります。注意しましょう。

ポイント6:夫のせいにする

「ご主人の仕事は?」と聞かれても「あんまり言うなって言われてるの。ごめんね」

「貯金額は?」と聞かれたら「そういうことを人に話すなって夫に叱られるから」

なんでも夫にかぶせてしまうのも楽な方法です。

ご近所で家族ぐるみのお付き合いがある場合や、ご主人がとてもフレンドリーな場合は避けた方がよいでしょう。

おわりに

相手のタイプを見定めて、上手く使うようにしましょう。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130129115404 510739cc51dc9

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る