生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. 再婚相手の子どもの反応について覚えておきたいポイント

再婚相手の子どもの反応について覚えておきたいポイント

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

再婚が決まると新しい「家族」の関係が始まります。特に再婚相手に子どもがいる場合、状況は複雑になり家族全員がストレスを感じやすいかもしれません。

そこでこの記事では、バツイチ再婚相手の子どもが自然に示すリアクションとその理由を具体的に取り上げてみます。

再婚相手の子どもの反応とその理由

「親」として受け入れない

再婚相手に子供がいた場合、義理の親としてはできるだけ早く本当の「家族」になりたい、血のつながった親子のように認められたいと感じるのが当然ですが、それは子どもにとって一番難しいことです。

子どもは「新しい親」を受け入れることが、離れて暮らしている血のつながった親を裏切るように感じてしまうので、意識的にしても無意識にしても義理の親を受け入れようとしないでしょう。

焦ったところで子どもが受け入れるまでの時間を短くすることはできません。何でも物を買い与えて仲良くなろうとしたりするのではなく、まずは辛抱して時間が経つのを待ちましょう。

反抗的な態度を取る

再婚後、最初のうちは特に義理の親に対して反抗的な態度を取ったり、会話を避けたりするかもしれません。親としては嫌われているように思えて苦しい時期でしょう。

これにも理由があります。子どもは親の離婚を経験して本当につらい思いをしていて、自分が捨てられてしまったという感情を持っているのです。その気持ちを置き換えて義理の親にぶつけてしまうことがあります。

「子どもの性格が悪い」と考えるのではなく、つらい思いをしてきた結果や動揺の表れなので仕方がないと認めてあげましょう。

しつけを聞かない

義理の親が子どもをしつけたり叱ったりすると、子どもはそれを愛情の表れとしてではなくただの怒りの表れと誤解して聞かない場合があります。血のつながりや長年の積み重ねがないのでそれは仕方のないことです。

もし義理の親と実の親がしつけや家の中のルールに関して意見が合わなかったり子どもの前で言い合いをしたりすると、子どもは誰に頼ればいいのか分からなくなってますます不安になるでしょう。

パートナーと二人でよく話し合い、家庭のルールをきちんと決めておくことが必要です。再婚してしばらくは実の親が叱ったりしつけたりするのもよいでしょう。

おわりに

「パートナーを愛しているからその子どもたちも自然に愛せるし、なついてくれるはずだ」という先入観を捨て、時間をかけてゆっくりと新しい関係を築いていきましょう。

まずは再婚するパートナーとの絆をしっかり保ち、常に二人で問題に取り組むなら時経つうちに子どもたちも状況に順応できるようになるはずです。ぜひあきらめずに頑張ってください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110122183733

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る