生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. もっと喜ばれる彼女の手料理の褒め方

もっと喜ばれる彼女の手料理の褒め方

2011年01月22日作成

 views

お気に入り

彼女が手料理をふるまってくれる。気持ちだけでもすごくうれしいですよね。また、毎日当たり前のように料理してくれる奥さんにも、感謝の気持ちを忘れてはいけません。

無言で食べるのはもちろんNGですが、ただ「おいしい」だけでもマンネリでつまらないもの。時には、本当にうれしい顔が見られるような上手な褒め方で、彼女や奥さんを喜ばせてみませんか?

目次

ポイント1:ビックリして見せる

ただ「美味しいね」と褒めるよりも、時には「これほんとに作ったの?」「こんなの作れるの?」「すごいね!」と驚きの表情を見せるのもお勧めです。

言い方によっては馬鹿にしたと捉えられかねません。純粋にビックリした!という雰囲気で、最後には必ず「すごいね!」を言うのがお勧めです。

ポイント2:料理について聞いてみる

「これなんていう野菜なの?」「どんな調味料使ってるの?」「これって韓国風の味付け?」など、料理に対して興味を持って、色々聞いてみるのもよいでしょう。

「どうやって作ったの?」「何時間くらいかかったの?」と聞いてみるのもお勧めです。

聞いたからには最後まで、興味を持って話を聞くようにしましょう。もっといろんな料理を作ってみたいという意欲につながりますよ。

特に主婦の場合、一日中家族の食事のことを考えていると言っても過言ではありません。興味をもってくれると嬉しいものです。

ポイント3:「家のごはんが一番美味しいな」と言う

これは主に既婚者にお勧めの褒め方です。いつも食べているからこそ、あまり褒めなくなってしまったという人も、何かのついでのようにつぶやいてみましょう。

私がこの人の胃袋を握っているんだわという自信も持てますし、もっと美味しいものを食べさせてあげたいという意欲が増します。

おわりに

日本人男性は概ね、気持ちを言葉で表現するのが上手ではないものです。

でも、心をこめて作ってくれた手料理、感謝の心を持って美味しくいただくのはもちろん、きちんと感謝の心を表してほしいものです。

その方が、作る意欲も増しますし、お互いに気持ちがいいものですよ。

本記事は、2011年01月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る