生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 奥さんが手料理をほめられて喜ぶフレーズ3選

奥さんが手料理をほめられて喜ぶフレーズ3選

2011年01月22日作成

 views

はじめに

新婚時代は毎日感動して手料理を食べていたのに、結婚してしばらく経つと慣れてしまって当たり前になり、「美味しい」という一言がなくなっているかもしれません。

奥さんは毎日旦那さんの健康のためにバランスの良いメニューを考えたり、旦那さんが好きな味付けのものを作ろうと努力しているのにほめ言葉がないと、がっかりしてしまうでしょう。

そこでこの記事では奥さんが手料理をほめられる時にとても嬉しく感じる3つのフレーズをご紹介します。

奥さんの手料理を上手にほめるフレーズ

「どうやって作ったの?」

奥さんが新しい料理に挑戦したと分かった時に「これ美味しいね!どうやって作ったの?」と聞くと、きっと奥さんは喜んで説明してくれるはずです。

レシピに沿って作った場合でも、自分でアレンジして作った場合でも、作る過程にも注目してもらえると奥さんの達成感がアップするでしょう。

完成した料理をただ「美味しい」と言って食べるところから一歩進んで、作り方を聞いてみてください。気に入った料理なら「今度の休みに一緒に作ろう」というとさらに奥さんは嬉しく思うでしょう。

「何で味付けしたの?」

普段食べ慣れている食材の組み合わせでも、味付けによってとても新鮮に感じられることがあります。奥さんが上手にアレンジして作った料理を食べる時は「調味料は何を入れたの?上手に味付けできてるね」と聞いてみてください。

工夫していつもとは少し変化を付けてみたことに気付いてもらえると、奥さんも考えたかいがあったと嬉しくなるでしょう。

普段料理をなさらない男性の方には少し難しい感覚かもしれませんが、よく味わって食べていれば普段との違いに気付けると思いますのでぜひほめてあげてください。

「お店で食べるより美味しいね」

少し凝った料理や手間暇のかかるものはもちろん、手際良くささっと作った料理でも時には「外食するより美味しいね」と言ってみてください。きっと奥さんはとても喜ぶでしょう。

もちろんお店でしか食べられないものもあるので単純比較はできませんが、旦那さんへの特別な思いのこもった料理は外食とは全く違った美味しさがあるはずです。技術や食材だけで美味しさが決まるわけではないのです。

おわりに

料理を作るのはたとえ慣れていたとしてもある程度の準備と時間と体力が必要です。体調が悪かったりへこんだりしている時でも奥さんは変わらず毎日食事を作っているのです。

まずはこのことを忘れず、感謝の気持ちと「毎日作ってくれて嬉しいよ。ご苦労様」という思いが伝わるように笑顔でほめてあげてくださいね。

本記事は、2011年01月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る