生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. チャットでのトラブルを防ぐ方法

チャットでのトラブルを防ぐ方法

2011年01月22日作成

 views

はじめに

チャットは大変便利なコミュニケーションツールです。中にはチャットのほうが安心して人と会話できる、と言う方もいるかもしれません。

でもチャットがもとで様々な犯罪が起こっているのは事実です。小学生や中学生が巻き込まれていることから分かるように、便利な道具ですが、使い方を間違えるととんでもないことになりかねません。

そこで今回はルールを守って安全なチャットを楽しむためのポイントをご紹介します。

チャットでトラブルに遭わないためのコツ

匿名性を信じ過ぎない

チャットではハンドルネームを使って匿名でやり取りするのが一般的ですが、名前が分からないからといってどんな発言をしてもよいというわけではありません。

お互いどこでつながっているか分かりません。「知らないでチャットしていた相手が実はマンションの隣の人だった」などと言う可能性もゼロではないのです。

何かのきっかけで自分の情報や相手の情報が分かった時に予想外のトラブルが生じるかもしれないので気を付けましょう。

誹謗中傷は絶対に避ける

チャットでは直接相手の顔が見えないため、思ったことをパッと書きこんでしまうかもしれません。しかし、書き込まれた文字を見た相手の反応はかえってくる文字でしか判断することができないのです。

相手の反応がはっきり分からないからといって、相手を誹謗中傷するコメントを続けているとその怒りは蓄積され、いつか大爆発を起こすかもしれませんのでやめましょう。

誹謗中傷は第三者から見ていても気持ちの良いものではありません。最低限の常識的な行動をするよう心がけてください。

違う自分を作り過ぎない

チャットでは実際の自分ではない姿を演じることができます。ハンドルネームや文章の語尾などを使って性別を偽ることすら簡単にできてしまいます。

自分の新たなイメージを作りだすことが可能なのでそれがプラスに働くこともあるかもしれません。でも作り過ぎてウソで固めてしまうといつかひずみが生じてきます。

心の奥に眠っている自分を解放するのはいいことですが、ネットでの出会いを大切にするなら信頼が一番大切なので、相手を裏切るような行為は避けましょう。性別を偽ることなどは許されないルール違反です。

おわりに

ネットでのコミュニケーションにはメリットもデメリットもあります。上手に使えば生活を便利に、また豊かにしてくれるツールであることは間違いありません。しっかり見極めたうえで賢く使うようにしましょう。

本記事は、2011年01月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る