生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. お風呂での節水方法

お風呂での節水方法

2011年01月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

『節水に気をつけなきゃな・・』と思いつつも、何をやっていいかわからないなんて方も多いのではないでしょうか?

最近はエコ志向の方も増え、小さなことからコツコツと頑張っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、面倒なことはしたくないのも本音ですよね。

また、節約・節水は、普段の生活を変えずに出来るのが一番です。節水を心がけることでストレスが溜まっては本末転倒です。

今回はお風呂の節水方法をテーマにご紹介しますが、気軽に始められる方法ばかりですので、是非今夜からでもお試し頂いてはいかがでしょうか?

お風呂の湯量の設定を少しだけ減らす

お風呂に全自動の機能がついている方は、湯量の調節ができることをご存知でしょうか?

極端にお湯を減らす必要はありませんが、少し減ったくらいでは、案外入っている本人はなんら変化を感じないものですよ。

まずは、全自動の機能がついている方は、湯量を今より一段階少なく設定してみましょう。慣れたら、さらにもう一段階と、少しずつ減らせば、あまり大きな変化と感じないはずです。

複数で一緒にお風呂に入る

お子様がいる家庭では、是非みんなでワイワイお風呂に入ることをお薦めします。賑やかで楽しいのは勿論、家族団らんの良い時間になりますよ。

そして、複数で湯船につかれば、どんなに少ないお湯でもみんなの体重で湯量がカサ増しになります。少ない湯量で、肩までゆっくりつかりましょう。

また、まとめて複数で入れば、温めなおしなども必要なく、さらに経済的なはずです。

複数で入る前には、湯量を少なめに準備しておきましょう。通常通りの湯量だと、逆にお湯があふれ出し過ぎてしまいますので。なるべくムダのないように準備して下さいね。

風呂桶や洗面器を使って、体を洗う

シャワーを使う方が多いと思いますが、実はシャワーは常に流れっぱなしですので、必要以上の水をムダにしてしまっていることが多いのです。

そこで、風呂桶や洗面器を使うことをお薦めします。体を綺麗に洗ったら、桶や洗面器にお湯を張って洗い流すという作業で、必要分だけの湯量を使うことになり、節水できますよ。

シャワーは必要な時だけ使う

シャワーを使っている方は、こまめに止めることを心がけて下さい。

体や髪の毛をあわ立てている間には必ず水を止めましょう。それだけで、ムダなお水は使わないはずです。

おわりに

いかがでしょうか?さほど難しくない方法ですよね。

ちょっとした心がけで節水は簡単に出来ますので、是非すぐにでもお試しくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110122130134

本記事は、2011年01月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る