生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 異性の友達に恋をした時の対処法

異性の友達に恋をした時の対処法

2011年01月21日作成

 views

はじめに

部活・サークルの仲間や同僚、幼馴染みなど、それまで友達として付き合っていて異性としてはほとんど意識していなかったはずの相手に、いつの間にか恋をしてしまうことがあります。

この記事では、異性の友人に恋をした時に上手に対処するためのコツをご紹介します。

友達を恋人として見始めた時の対処法

しばらく様子を見る

きっと何かのことがきっかけで、それまで友達としか思っていなかった相手のことが好きになったはずです。まずはそのきっかけが何か自分で分析し、しばらく自分と相手の様子を観察しましょう。

客観的になるのは難しいかもしれませんが、あえてここは冷静になって、自分がどうして相手を好きになったのか、本当に恋愛感情なのかどうか確かめましょう。

思い込みだけで行動しない

恋をし始めた時は特に、相手の仕草や表情などすべてが自分を特別に思ってくれているように感じてしまうものです。「相手も自分のことが間違いなく好きなはずだ」という思い込みだけで行動してしまうと痛い目に遭います。

例えば他の友人を勝手にライバルとして考えてしまい、相手と話していたら嫌な気持ちになったりすると友情が壊れてしまいますので気を付けましょう。

また、両思いだと勘違いして「絶対OKがもらえる」と自分の中で納得して強引に告白したりすると、相手にその気が全くなかった時に気まずさだけが残るでしょう。

覚悟を決めてから告白する

あなたが楽しく感じているのは、今の友達としての関係かもしれません。その気持ちが強くなって相手への特別な気持ちに変わっていたことも考えられます。

もし告白して断られた場合、それまでと同じ友情を続けるのはとても難しくなります。特に女性は一度断られた男性をすぐにふっ切ることができない場合もあります。顔を合わせるだけでもつらくなるでしょう。

それで一歩踏み出す時には、今の友情を失う可能性が高いことをしっかり覚悟してから行動するようにしましょう。

おわりに

もし相手もあなたを恋人として見てくれるようになれば、一目ぼれや見た目だけから好きになったわけではなく、二人の間にしっかりした信頼関係が築かれているので、強い絆を作ることができます。

思い込みだけで性急に行動せず、ゆっくり自分と相手の気持ちを確かめながら進んでいってくださいね。

本記事は、2011年01月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る