生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 採用試験で良い印象を与える方法

採用試験で良い印象を与える方法

2012年08月20日更新

 views

お気に入り

はじめに

学生にとって就職活動は、卒業後の進路を決める大切なものですよね。だれもが、自分の希望する企業や仕事に就きたいと必死だと思います。

今回は、就職活動をする際に、先方に良い印象を持ってもってもらうために、やっておいた方がいい事や、気を付けたいことをご紹介します。

就職活動で良い印象をあたえる方法

身なりをきちんとしましょう

人は性格が大切とか、中身が大切だとかいいますが、やはり見た目は大切です。

人はパッと見たときの第一印象で、人のイメージを決めます。就職活動のような短時間で判断をされるような場合には、特に身なりを整えた方がいいでしょう。

髪の毛や爪、ひげなどはきちんとカットしてすっきりとした印象にします。かばんや靴もキレイに磨き、洋服にはしわのないようにします。

身なりをきちんとしていると、普段も生活もきちんとしているような印象を与えます。

話し方に気をつけましょう

話す時は、はっきりとその場に合わせたトーンで話しましょう。

試験官の方は、部屋に入ったときの第一声でおおかた、採用の可否を決めるそうです。就職活動という自分をアピールする場での第一声は、だれもが一番気を使っています。そこで、覇気のない声を出してしまうとそれだけで印象を悪くしてしまいます。

また、語尾をのばしたり、略語を使わないように気をつけましょう。普段、何気なく話している言葉はつい、口をついて出てしまいます。普段から正しい言葉を使うように気をつけた方がいいと思います。

試験を受ける企業に実際に行ってみましょう

資料をみるだけでは、なかなか企業の実際の様子はわかりません。実際に訪問して自分の目で見ていると、何か感じるものや思いも出てくると思います。そのような思いは先方にもきっと伝わると思います。

また、事前に一度行っておくと、当日もバタバタせずに安心して試験に臨めます。

おわりに

就職活動はうまくいかなくて、くじけそうになることもあるかもしれません。

ただ、採用試験は、企業側が自分にあった人材かどうかを判断する場であって、その人自身を判断するわけではありません。

就職活動を通して、経験することもいつかきっと自分の糧になると思うので、自信をもってがんばってください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110121180853

本記事は、2012年08月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る