生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. アルバイトの経験を就活の面接に活かす方法

アルバイトの経験を就活の面接に活かす方法

2011年01月21日作成

 views

お気に入り

はじめに

新卒内定率が近年最悪となってしまった今年度。就職活動中の学生にとっては、不安が多い年だったと思います。

面接では志望動機、アピールポイントなどを聞かれることが多いですが、一体どう伝えたらいいか、考えれば考えるほど分からなくなってしまいますよね。

様々な角度から自分をアピールすることはできますが、もし、学生時代にアルバイトをしていたなら、そこでの経験を話すのは一つの案です。

ここではもう一度原点に戻って、アルバイトでの経験をどのように面接で話したらいいのか、話すために何を整理したらいいかをまとめました。

バイトの経験を就活の面接に活かすには

STEP1:嬉しかったことを思いだす

アルバイトをしていて、少なからず嬉しかったことことがあるかと思います。

ここでは、なぜ嬉しかったのかを思い出してみましょう。

接客業でお客さんに対応をほめられた、塾の講師をしていて生徒の成績があがった等、アルバイトの種類によっても色々でしょう。

嬉しかったことは、あなたにとって仕事をする上でのやりがいになったはずなので、そういう経験を経て働くことの楽しさを面接官に伝えることが大切です。

どんな些細なことでもいいですが、面接で話すなら、直接仕事に関するトピックにしましょう。「給与が良かった」等はタブーです。

STEP2:嫌だったことを思いだす

逆にアルバイトをしていて、嫌な経験をしたことも少なくないはずです。

お客さんに怒られてしまった、職場の人間関係のもつれ等、思いだしたくないこともあるかもしれません。

ここで大切なのは、嫌な経験を経てあなたがどう対処しようとしたかです。アルバイトでの嫌な経験というのは、仕事に就いても同じような経験をすることになると思います。

面接官としては、その経験に対してあなたがどう捉えていて、どう失敗を繰り返さないようにしようとしているか、が知りたいはずです。

おわりに

採用側としては、最終的にあなたが会社の戦力となるか、が知りたいポイントなのです。

なので、「アルバイト」という社会経験の中で、あなたがどういう経験をし、どう取り組んでいたかを話すことは、採用側にとって聞きごたえのあるものでしょう。

あなたの良さが表れているエピソードを話して、精一杯面接官にアピールしてくださいね。

本記事は、2011年01月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る